Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

Monaca開発パートナーインタビュー:株式会社ヘッドウォータース様

カテゴリ :
Monaca
タグ :
Monaca
HTML5
アプリ開発
Monaca開発パートナー
Monaca企画・営業担当の寺本です。

HTML5で誰でも簡単にモバイルアプリを作ることができることがMonacaの特長ですが、
もちろんアプリ開発のプロによるアプリの受託開発の現場でもご活用いただいています。

今回は、受託案件でMonacaを使ったモバイルアプリ開発を行っているMonaca開発パートナーの一社、株式会社ヘッドウォータース様のモバイルビジネスとMonacaによる開発への取り組みについて、営業推進部の依光様と開発チームの西間木課長にお話をおうかがいしてきました。




モバイルアプリ開発への取り組み



- 御社のモバイルアプリ・スマートフォンへの取り組みのきっかけについて教えてください。

スマートフォン初期の頃にお客様から「ソーシャルゲームのスマートフォンアプリを作ってほしい」というご依頼をいただいたのがモバイルアプリへの取り組みのきっかけでした。モバイルアプリ開発は、新しい技術に積極的に取り組みたいという弊社エンジニアの姿勢にもマッチした領域でしたし、需要の拡大も見込めるため営業的にも是非取り組みたいと考えていました。実際にその後、従来のお客様だけではなく新規のお客様からの引き合いも多く、新規顧客獲得につながったことを実感しています。

また、弊社が客先常駐型メインから受託開発メインのビジネスに移行する際に、スマートフォンアプリ開発は従来型のシステムよりも開発単位が比較的小さいことも多く、比較的スムーズに進められました。

- なるほど、御社にとってモバイルアプリ開発は、エンジニアの文化、営業面、体制面など、
多面的な側面で御社の方向性とマッチした事業領域だったのですね。

はい、PCからモバイル・スマートデバイスへの時代の変化があり、もちろんPCは引き続き重要なデバイスではありますが、弊社のような開発会社としては新しいデバイスに対応するということは当然のありようと考えています。

最終的には「アプリを作る」だけではなく、ビジネスモデルであったりビジネスゴールを鑑みてITで解決するということが重要で、それが弊社のミッションでもあります。

アプリ開発のような足元を固めた提案ができることが、結果的にトータルなサービスを提供するニーズにお応えすることにつながると考えていますし、実際に「アプリ開発」がきっかけとなって始まる別の案件も増えてきています。


Monacaを活用したアプリ開発




- 今回はエクササイズアプリ開発案件でMonacaをご採用いただいたとのことですが、MonacaおよびHTML5によるアプリ開発をご採用された経緯について教えてください。

今回、音楽に合わせてエクササイズするアプリの開発にMonacaを採用しましたが、以前からアプリ開発のプロジェクトにMonacaを使うことは検討していました。

弊社では、これまでネイティブ言語での開発を前提にアプリ開発の提案・営業をしていましが、ネイティブの開発者はAndroid向けには確保できてもiOS対応の体制が間に合わなかったりと、iOS/Androidの両サポートのためのコストが高くつくという問題がありました。このため、PhoneGap, Titanium, Cocos2Dなどクロスプラットフォーム対応開発ツールを複数評価しておりまして、Monacaもそのひとつでした。

弊社ではWeb開発経験があるエンジニアが多いため、HTML5/JavaScriptでiOS/Androidに両対応できるというHTML5ハイブリッドアプリ開発は相性が良いと評価していました。

HTML5モバイルアプリ開発ではPhoneGapが最も有名だと思いますが、MonacaはPhoneGapが利用出来ることに加えて、国内でのサポート体制やオフショア開発拠点の活用に便利なクラウドベースの開発環境などが魅力的でした。

ヘッドウォータース 開発チームの皆様




Monacaの活用、モバイルアプリ開発の将来展望



- Monacaへの取り組みについて、ビジネス的には今後どのように活用を進められる
ご予定でしょうか?

「Monaca/HTML5ハイブリッドアプリ開発」の経験を提案の武器として活用することができるようになり、スマートフォンアプリ開発の領域での弊社の競争力が強化されてきたことを実感しています。今後、モバイルアプリ開発の領域で「HTML5ハイブリッドアプリ開発の第一人者」としてのブランド化を進め、クライアントからの指名案件を増やしていきたいと思います。

体制面では、国内のWebエンジニアにHTML5ハイブリッドアプリ開発の経験を積ませるだけでなく、オフショア開発体制でもカンボジア拠点でのMonacaのトレーニングをすでに実施しており、Monacaの活用推進を通して業容拡大に努めていきます。


- 最後に御社でのモバイルアプリ開発の将来展望をお伺いします。
モバイルアプリに限った話というより、スマートデバイスという広義の話になりますが、将来的には車載器・ウェアラブル機器・ライフログといった各種の応用領域において、アプリケーション側ではスマートデバイス単体の活用に加えてさまざまなIoTとのつながりも重要になる世が来ると考えています。

次々と新しい技術が生まれてくるなかで、最新技術への対応に課題を抱える技術者も一般的には世の中には少なくないと思いますが、 弊社の技術陣にはそういった外部要因の変化についていけるというか、むしろ喜んで取り組んでいくという文化があるので、新しい領域の発展とともに弊社が活躍できる場が増やせると考えています。

- 貴重なお話どうもありがとうございました。モバイルから広がる各種スマートデバイスや、種々の機器との連携まで視野に入れた幅広いお話ありがとうございました。

今回、インタビューにご協力いただいた、株式会社ヘッドウォータース様の概要や開発事例はMonaca開発パートナーページでもご紹介しておりますので、是非ご覧下さい。