アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

つれづれならぬ日常(再々)

こんにちは。小林です。
8月に入り夏も本番。非常に暑い日が続いていますが、皆様、いかがおすごしでしょうか。

またまた、私の番が回ってきてしまいました。最近は、個人的には、PHPカンファレンス2006の準備で、てんてこまいです。

さて、先日、とあるビジネスセミナーに参加してきました。講演内容はとても興味深く、いろいろと考えさせられる内容でした。

新会社法が施行され、ますます起業が容易になってきた昨今。
私が大学に所属していたときも、経済学部・経営学部でもないのに、学生向けに、「ベンチャーとは?」、「起業とは?」などのセミナーが、良く開催されていました。
大学では、産学連携専門の機関も立ち上がり、「大学発ベンチャー」が少しずつですが設立され、話題になっていました。

当時、自分は、研究こそが学生の使命などと考えておりましたが、今では、すっかり、戦略・マーケティング・経営とうとうの言葉にはまっています。
細胞を使って、実験していた頃が懐かしい。。。
生物・化学系の方ならわかる「共洗い」、「ピペッティング」などという言葉は、最近、全く通じません。

真理の追究は学問におけるテーマですが、企業や仕事におけるテーマは、どのようなものがあるのでしょうか。企業の社会的責任について、ますます厳しく求められるようになりましたが、やはり、何らかの形で、お客様、大きく言えば世の中に貢献することが企業のテーマだと思っています。

もちろん、分野等によって、その何かは、さまざまな答えになるでしょう。