アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

WOWEngine+Away3Dを使ってFlex上で3D物理エンジンを試してみる

こんにちは。松田です。
今回はFlash用の3D物理エンジンWOWEngineを簡単に試してみたいと思います。

WOWEngineはFlash用の3D物理エンジンですが、3Dオブジェクトの描画はしてくれません。あくまでオブジェクトの位置関係を計算するだけです。
なので、3Dオブジェクトの描画自体はPapervision3DAway3Dなどの3D描画ライブラリを使用する必要があります。

今回はてっとりばやく実装するために、以前のエントリで使ったことのあるAway3Dを使って描画します。
そして今回も前回同様、Flex上で作成しています。


作成の流れとしては、
Away3Dで何か描画してみる」→「動きの処理部分にWOWEngineを組み込む」
という感じになるわけですが、Away3Dの描画方法については以前書いたこちらのエントリへどうぞ。
上記エントリのonEnterFrame()あたりでやっているオブジェクトの移動処理をWOWEngineの処理に置き換えます。


まずはWOWEngineをダウンロード。
http://seraf.mediabox.fr/datas/as/wow-engine.zip

次にWOWEngineが必要とするライブラリAS3DSをダウンロードします。
http://lab.polygonal.de/ds/

そして前回書いたAway3Dソースコードをちょっと変えつつWOWEngineを埋め込んでいきます。埋め込んだ箇所はそれほど多くないのでソースコードを見て確認してください。
これだけで一応完成。

ソースコードFlash画面内を右クリック→「ソースの表示」で表示できます。

画面をクリックするとボールが次々増えていきます。やりすぎ注意。
ボール同士に衝突判定が付いているなんとなくわかると思います。
まだまだいじり始めたばかりなので今回はここまでしかやってませんが、けっこう簡単に実装できそうですね。