アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

2つのオブジェクトで古い紙の質感を作る(Fireworks)

こんにちは。和田です。
今回は、2つのオブジェクトで古い紙の質感を簡単に作ってみようと思います。
Photoshopだとフィルターの雲模様を使うと出来ると思うのですが、Fireworksには雲模様のようなフィルターが無いのでパターンやぼかしを使って作ってみます。

それでは、始めます。

1. 500×500pxの矩形オブジェクトを作成


まず、500×500pxの矩形オブジェクトを作成します。そして、古い紙のイメージを出すため、グラデーション(円形)を下図のように#F1F0E4 → #928B49で設定します。









2. 470×470pxの矩形オブジェクトを「1.」の矩形の上に作成


古い紙のまだらなイメージを出すため、「1.」よりも小さい矩形(今回は470×470pxで作成)を作成し中心に配置します。




次に、塗りにパターン(Oil Paint 2)を設定します。この時にパターンの大きさを変えられるので、古い紙のまだらなイメージに合うように拡大します。今回は下図くらい大きくしています。




そして、塗りのエッジ(エッジをぼかす:30px)、テクスチャ(紙やすり)に設定します。




↑そうするとこんな感じになります。

ここで、この矩形のブレンドモード(焼き込み(カラー))を設定すると下図のようになり出来上がりです。






とても簡単に作れました。
いかがでしょうか?

パターンやブレンドモードを変えたり、ノイズなんかも加えると、もっとそれっぽくなると思いますので、皆様、是非試してみてください。



と、これではちょっと寂しいので、
最後におまけです。

今回の作った古い紙の素材を使って
アメリカの古いポスターなイメージを作ってみました。
(女性の素材は、前回のブログで作ったものを流用しています。)



それでは、皆様、また次回です。