アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

スマホアプリ開発の見積もりで気をつけたいいくつかのこと

こんにちは、鴨田です。

普段はプロジェクトマネージャーやデザインディレクション、デザイナーとして、
働いている時間が長いのですが、営業として他社様に出向き、
案件ヒアリングや見積もりをすることがあります。

スマホ案件に携わることが多いため、大体の場合はスマホアプリ案件なのですが、
見積もり時に注意すべき事が多々あります。

今日は、スマホアプリ開発の見積もりで注意すべき点について、
いくつかご紹介できればと思います。



1.対応OSのバージョン


対応OSに関しては、おそらくiOSAndroid両対応であったり、
どちらかをリリースしてから、もう一方を作るというケースが多いと思います。

重要なのは、どのバージョンを対象としてる作るのか、です。

iOS6.0以上、Android4.0以上、ということであれば、
ほとんど問題なく、開発を進めることが出来ます。

これが、iOS5.0以上とかAndroid2.2以上とかになると、
いろいろと気をつけることが多くなってくるため、
要件定義、設計、開発、テスト、とほぼ全ての行程において、
前者の開発よりもコストがかかってきます。

クライアントの希望や、コスト感に合わせて、
どのバージョンまでサポートするかを決めて、
見積もりを行いましょう。

また、iOSの場合はアプリがリリースされる時期と、
OSアップデートの時期が重なるときは注意が必要です。

まとめ:
出来るのであれば、最新メジャーバージョンを対象と出来れば吉。
対象を広げるとしても、Androidは2.3以上だと見積もりは抑えられます。
iOSは最新版が普及するのが早いので、最新版リリース時期と被るのであれば、
最新版+一つ前のバージョンとし、それ以外の場合は、
最新版のみでもシェアは確保できると考えられます。





2.検証端末


対象OS以上に、悩ましいのが検証端末です。
iOSであれば、そこまでパターンはないので、
最新機種+最新OSプラスαで問題ないと思います。

Androidは、あまりに機種がありすぎるため、
社内の開発機+クライアントの検証端末程度としたいところです。

また、機種によってパフォーマンスに相当の違いが出るため、
あまりスペックが高くない機種でもテストをし、
そちらに合わせてチューニングを行った方がよいです。

社内にない機種が検証端末となるようであれば、
開発時は他機種で行いつつ、テスト段階では必ず該当機種を用意するか、
検証センターに行って、確認しましょう。

最近は端末をレンタルしてくれるサービスも多々ありますが、
最新機種は人気が高く、すぐにレンタルできない事もありますので、
注意が必要です。

まとめ:
検証端末は予め2~3程度を決めておくこと。
ハイスペック端末だけでなく、ロースペック端末でも検証すること。
必要に応じて、検証センター、端末レンタルを行いましょう。





3.タブレット対応・画面の向き


アプリによっては、タブレット対応や画面の向きに応じて、
デザインのレイアウトを変える必要が出てくる場合があります。

もし、そのような対応を行う場合、
デザインや実装、テストにおいて、追加の工数が発生します。

特に指定がない場合は、
タブレットは最悪スマホのデザインをそのまま大きくすることも可能ですが、
あまり見栄えがしないことが多いので、レイアウト変更した方が無難です。

スマホの縦横対応に関しては、どちらか固定で作る方が開発はスムーズに済み、
コスト・工数においても削減することが出来ます。

最終的には、アプリの特性、ユーザビリティを考えて、
見積もりに反映させるのが良いかと思います。

まとめ:
要件次第ではあるが、コスト・工数面を考えると、
縦横対応しない方が開発はスムーズ。
タブレットや縦横対応する場合は、単なるレイアウト変更だけでなく、
工夫を凝らして、縦が面と横画面で機能的に使い分けができると、
アプリのUXが向上するだけでなく、完成度も上がります。





4.WebViewアプリ、Webアプリの問題点


ネイティブではなく、主にWebViewを使用したアプリ、
Webアプリの場合、気をつけるべき点があります。

iPhoneであれば、特に気にする必要はありませんが、
Androidでは、JavaScriptCSSでのアニメーションを多く行うと、
カクカク動いたり、動作が遅くなることがあります。

また、CSS3の機能を使用して、
影を付けたオブジェクトを多数配置すると、
スクロールが遅くなったりすることもあります。

そのため、アニメーションさせることが考えられる案件では、
チューニングに気を遣うことがあるので、
その分を考えて、見積もりを行うか、
非機能要件として、何らか定義を行うか、
などのケアをしておくといいと思います。

まとめ:
WebViewアプリ、Webアプリは、
iPhone/Andorid両対応が比較的簡単に出来ますが、
凝った作りにするとパフォーマンスに影響が出てくるので、
チューニングも視野に入れて、工数を見積もりましょう。
特に、Androidでのアニメーションは要注意です。






スマホアプリに限った話ではないですが、
見積もりが正しくないと、いろいろな意味で良くないことが多いので、
要件にあった正しい見積もりをするための参考になればと思います。

実際には、経験してみないとわからないこともあるのですが、
経験した後に、振り返りで改めて確認してもらえたら幸いです。

HTML+Javascriptで作るiPhone/Androidアプリ制作セミナー(PhoneGap入門セミナー)のお知らせ

こんにちは、鴨田です。

現在、弊社ではスマートフォンアプリ開発を積極的に行っておりますが、
その中でもWebアプリの技術でネイティブアプリを制作できる「PhoneGap」というフレームワークを推しています。

スマートフォンアプリの開発と聞くと、
きっと敷居が高いのではないかと感じる方が多くいらっしゃると思います。
自分もそうでした。

しかし「PhoneGap」を用いれば、Webデザイナーや初級エンジニアの方々は、
1日もあれば、すぐに簡単なiPhone/Androidアプリが作れるようになります。

アシアルでは、4/26に「iPhone/Androidアプリ制作セミナー」と題して、
PhoneGapを用いたアプリ開発について、講演させていただいたところ、
多くの方々にお申し込みを頂きました。

その際、募集枠を超えてお申し込みを頂いたので、
参加できない方が多数いらっしゃり、とても残念に感じておりました。

今回、同様のセミナーを再び開催する運びとなりましたので、
お知らせさせていただきます。


○ セミナー開催概要



日程:6月1日(水) 13:45 ~ 16:30(※ 13:20 開場)
会場:関東ITソフトウェア健保会館 会議室 A・B室
   東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館 地図はこちらから
交通:JR中央本線 大久保駅下車 北口改札より徒歩1分
   JR山手線 新大久保駅下車 徒歩5分

受講対象者:
WEBデザイナー、初級エンジニアなど。
iPhone/Androidアプリ制作を考えている方。(学生の方もご参加可能です。)

定員:80名 (※ 定員となり次第、受付を終了させていただきます 。)
持物:WindowsMacがインストールされたPCおよびAndroid端末
(端末をお持ちでない場合はシミュレーター上のみでのテストとなります)

※ワークショップ形式ですので、PC持ち込みで一緒に手を動かすことを推奨いたします。PCの持ち込みなしでも、参加することは可能です。


○ 詳細・お申し込みについて



セミナーの詳細・お申し込みはこちらのページよりお願いいたします。


○ PhoneGapについて



その他のPhoneGap情報につきましては、弊社で運営している「PhoneGap Fan」や、
手前味噌で恐縮ですが、こちらの記事をご参照下さい。


それでは、みなさまのご参加を心待ちにしております。
是非一緒に、さらに裾野の広がったスマートフォンアプリ開発を盛り上げていければと願っております。

【デザイナー必見】iPhone/AndroidアプリをHTML+Javascriptで作成(PhoneGapのススメ)

こんにちは、鴨田です。
GWまっただ中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

アシアルとしてはお休みを頂いておりますが、
わたくしは個人的に出社して、このブログを書いています。

さて、アシアルでは先日「iPhone/Androidアプリ制作セミナー」を開催するなど、
現在スマートフォンアプリ制作にも力を入れています。

その中でも、個人的に「PhoneGap」という
ハイブリッドアプリ制作フレームワークがお気に入りで、
セミナーでも「PhoneGap」の使い方を中心に講演させていただきました。

今日は非エンジニアである自分がどのようにして、
「PhoneGap」を使うに至ったのか、その経緯を書いていきたいと思います。


■そもそもハイブリッドアプリってなに?



HTML+Javascriptの技術を使って、iPhone/Androidのネイティブアプリケーションを開発する手法を一般的に「ハイブリッドアプリケーション」と呼んでいます。

つまり、WEBアプリを作る手法を用いて、そのままiPhone/Androidアプリを作ることができるのです。

そういったハイブリッドアプリ制作フレームワークの一つが「PhoneGap」です。


■開発環境のセットアップでつまづく



もともと、WEBデザイナー/HTMLコーダーである自分にとっては、
JavaObjective-Cを勉強せずとも、
慣れ親しんできたHTML、CSSJavascriptiPhone/Androidアプリ制作ができる
「PhoneGap」の存在はとても魅力的でした。

エンジニアに頼まずとも、デザインからアプリ制作まで、
自分一人で行うことが出来るようになるからです。

しかしながら、「PhoneGap」を使おうにも、開発環境のセットアップが、
非エンジニアである自分にとっては、まず一つの壁でした。

「PhoneGap」の日本語情報を探っても、いろいろなところに分散していたり、
エンジニア向けに書かれているので、詳しいセットアップの仕方が分からず、
インストールすることさえままなりませんでした。


■「Hello World!」で感動する



会社の同僚エンジニアにいろいろと聞きながら、
なんとか開発環境のセットアップを終えて、
Hello World!」が端末で表示されたときは、
強烈な感動を覚えました。

きっと、エンジニアの方々には伝わらないと思いますが、
デザイナーにとって、自分一人でアプリが作れるというのは、
想像以上にすごいことで、それもそれがこんなにも簡単に作れるというのは、
それはもう嬉しくてしょうがないのです。


■インストール方法の紹介



この感動は是非ともいろんなデザイナーの人に伝えたいということで、
現在は「PhoneGap Fan」というサイトをアシアルで運営しており、
インストール方法を紹介しています。

http://phonegap-fan.com/install.php

文章だらけで読みづらいのですが、この通りにやっていただければ、
きっとセットアップからHello Worldまで辿り着けると思います。

できれば、実機を用意していただいて、
そこで自分が作ったアプリが動くと、とても感動するはずです。
iPhoneアプリは有料登録が必要なので、Androidアプリの方が手軽かも知れません。


■PhoneGapを使っての開発



実際、世間一般で言われるようなアプリを作るには、
相当javascriptに精通している必要があります。

そこはやはりWEBデザイナーにとっては、
なかなか敷居が高いものです。

ですが、ちょっとしたギャラリーやポートフォリオであったり、
情報発信系アプリ、デザインに特化したプチアプリ、
なんかを作るのであれば、十分にデザイナー一人で作成可能です。

「PhoneGap Fan」においても、サンプルアプリを公開中です。
これを見ていただければ、短いコードでアプリが作れることが、
よく分かっていただけるのではないかと思います。


■でもやっぱりアプリっぽいアプリを作りたい



ちょっとしたオレオレアプリを作っていく内に、
だんだんとマッシュアップできるようになっていくと思いますが、
その第一歩をどのように踏み出せばいいか分からない、
という人もいると思います。

先日開催したセミナーでは、いくつかプチアプリを作りながら、
PhoneGap開発の初歩をご紹介しましたが、
この度、もう少しアプリらしいアプリを作る「PhoneGapスクール」を
5月19日(木)にアシアルで開催することになりました。

詳細は、http://phonegap-fan.com/school.phpをご覧下さい。

最終的には、GoogleマップAPIを用いた位置情報アプリを作る予定です。

開発環境のセットアップから、サンプルアプリ制作までを、
ワークショップ形式で行います。


■世間で噂のTitanium Mobileとの違い



よくPhoneGapと比べられることのあるTitanium Mobileですが、
何が違うのかというと、Titanuim MobileはJavascriptのみで、
開発を行うということがあります。

これがWEBデザイナー/HTMLコーダーにとっては、非常に取っつきづらく、
あまりおススメできません。

根本的な違いがもっと別のところにあって、
そもそも比較する対象ではないのですが、
デザイナー/コーダー視点からは、
HTML+CSSが使えないという点で、非常にハンデがあります。


■終わりに



PhoneGapはDreamweaver CS5.5でもサポートされており、
プロジェクトのセットアップから、ビルドまで、
Dreamweaver上で行えるようです。

参考:Dreamweaver CS5.5でスマホアプリ作ってみた(ASCII.jp)

今はまだそこまで話題にはなっていないようですが、
Dreamweaver CS5.5がいざ発売されれば、
PhoneGapの知名度もうなぎ登りになるのではないかと考えています。

このGW中にPhoneGapに触れておくのは決して悪くないと思います。
セットアップも1時間程度で終わりますし、是非PhoneGapを使ってみてください。

「PhoneGap Fan」では、これからも情報発信を行っていきますし、
PhoneGapスクールやセミナーも順次開催いたします。
日本語APIドキュメントもありますので、
デザイナーに限らず、エンジニアの皆さんにも見ていただきたく思います。


それでは、有意義なGWをお過ごし下さい。

Androidアプリ「ClapClap Clock」

先週、アシアルでは新たな自社開発Androidアプリを開発いたしました。
その名も「ClapClap Clock」と言います。自分はデザインなどを担当いたしました。

時計ユーティリティアプリケーション「ClapClap Clock」は、Android上でお使いいただける一風変わった時計ユーティリティアプリケーションです。

「ClapClap Clock」では、2回続けて拍手をすると、現在の時刻をかわいい女の子の声で知らせてくれます。アプリを起動し続けていれば、いつでもスクリーンを見ることなく、時刻が分かります。

音解析アルゴリズムを利用することで、通常に聞こえる音(声や雑音、間違って1回拍手をした場合など)には反応せず、2回続けて拍手をしたときのみ、時刻を教えてくれるようにプログラムの工夫を致しました。

言語は、日本語と英語から選ぶことができます。声の種類は、現在1種類のみですが、今後のアップデートで声の種類も増やしていく予定です。

【使い方】
・アプリを起動したら、一番下の電源ボタンをタッチしてください。
・ボタンのつまみが変形して、緑色に光ったら、電源がオンになります。
・二度続けて拍手をすると、現在の時刻を声で知らせてくれます。
・機能を一時停止したいときは、再び電源ボタンを押してください。

【主な機能】
アプリケーションの概要は下記の通りです。

・拍手の音に反応して、声で現在時刻をお知らせ
・日本語・英語から言語選択
・バックグラウンド動作対応
・機能一時停止ボタン

【動画:「ClapClap Clock」の使い方】



スクリーンショット
 
スクリーンショット:「言語選択画面」、「機能オン状態画面」

【ダウンロード方法】
Android Market」→「Search」→「clap clock」
※ 検索メニューで「clap clock」で検索してください。
※ インストールは無料となっております。

是非、ダウンロードして、お試しください。