アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

戦うプログラマによる戦略的アイデア量産テクニック

はじめまして!アシアルで開発を担当している四方と申します。
海上自衛隊SIer勤務を経てアシアル株式会社に入社というちょっと変わった経歴を持っています。
そんな訳で私のエントリーでは通常の技術記事とはちょっと違った視点から開発Tipsを伝えて行けたらと思います。

戦略的にアイデアを量産するテクニック



ITに限らず何かを作り始めるとき必要になるのがアイデアです。
今回は、私が前職でデスマっている際に偉い人から「1週間後までに、10億稼げる新事業のアイデアを50個出せ!」と言われた時に編み出したアイデア量産テクニックをお伝えします。

1.身近にある「不便」の解決



最もオーソドックスなアイデアの発想法です。
ハイマン・リップマンという人は、鉛筆と消しゴムを交互に使っているうちに消しゴムをよく失くしてしまうので、消しゴムと鉛筆をくっつけた消しゴム付き鉛筆を発明しました。
消しゴムと鉛筆をくっつけただけのこのアイデアは大ヒットし、なんと10万ドルという大金を得たそうです。

このように生活していて「不便」「面倒くさい」と思う感性とその解決こそ新たなアイデアの元ネタです。
ただこの方法はシンプルがゆえに思いついても既に誰かが実行しているということが往々にしてあります。

2.組み合わせから連想する



単一のことに関するアイデアは掘り尽くされているかもしれません。
しかし複数の物事を組み合わせることによって、今までにない新しいアイデアが生みだすことができます。
組み合わせを作るときには以下のようなサービスを利用すると便利です。

特に手軽でおすすめなのは連想ゲームです。
私が実際にやっていた連想ゲームは適当な単語を書いた単語カードをシャッフルし、その中からランダムで3枚のカードを取り出し、カードに書かれた3つのキーワードから連想したアイデアを出すというものです。

例えば
 "ボールペン" × "飲み物" × "カーペット" 
 →飲み物をこぼしても落書きされても汚れないカーペット
といった感じです。

このやり方は複数の物事を強制的に関連付けることで従来にないアイデアを発想することができます。しかし、従来にないだけに現実性が乏しくなりがちで、他の人の理解を得ることが難しかったりします。

3.未来の需要を読む



1のやり方で新しいアイデアが出ない、
2で考えたアイデアは斬新すぎて理解を得られない、
そんな時は将来ほぼ確実に起こる事柄や自然現象、流行などをアイデアの起点にしましょう。

わかりやすく例を挙げると以下のようなものに注目します。

  • オリンピックやワールドカップのようなイベント

  • 社会現象やTVで注目されている事柄、googleトレンドで年推移で注目度が上がってきているワード


ここで絶対に使うべきなのは『未来年表』というWebサービスです。
未来年表』は色々な会社から出されていて、新しい法律が適用されるタイミングや開催が予定されてるイベント、新しい技術が完成する時期などがまとめられており、ジャンル別にいつなにが起こるのかといった情報を一覧することができます。

例)生活総研ONLINE様の『未来年表


このように確度の高い未来の出来事からその需要や影響を予測してアイデアを作ることで、
未来に先駆けた、かつ説得力のあるアイデアを生み出すことができます。

おわり


この3通りのテクニックを用いることで私は50個のアイデアを引っ張りだすことができました。
それぞれのテクニックを組み合わせることでさらに多くのアイデアを考えることができると思います。

このエントリーが全てのアイデア出しを無茶振りされた方々のお役に立てば幸いです。

考えたアイデアスマホアプリやモバイルアプリで実現される方は、スマートフォンやモバイルアプリを簡単に作ることができる『Monaca』でどうぞ!

「仕事に必須!!マスト!!これが無いと仕事にならない!!」というわけではないが、何気によく使っているツール3選@Mac

Kayacのフラッシュデベロッパーブログ「_level0.kayac」で、非常に面白い企画をやっていました。

「Flash制作に欠かせない3つのツール」

同じテーマで、各々の必須ツールを紹介する連載記事。

「面白そう!乗っかりますか!」

というわけで、乗っかろうかと思ったのですが、
普段の仕事でFlash制作をやっていない…。

「よし!じゃあ、PHP開発に欠かせない3つのツールだ!」

と思ったのですが、思いついたのは、

Firefox + Firebug
・ターミナル + vi

くらい…。

「じゃ、じゃあ、仕事に欠かせない3つのツールだ!」

と思ったのですが、思いついたのは、

Firefox + Firebug(また…)
・ターミナル + vi(ま、また…)
・Numbers

…。

うーむ。こまった。


というわけで、方針変更。

「仕事に必須!!マスト!!これが無いと仕事にならない!!」というわけではないが、何気によく使っているツール3選@Mac


…需要はあるのでしょうか。
とりあえず、いってみよー。

1. smultron


数あるエディターの中で、気づいたらよく使ってるのがこれ。
以下のような特徴があります。

・インターフェースがシンプル!
・タブ表示!
・各種ソースコードのカラーシンタックス
・その他もろもろ(HTMLのプレビュー表示できたり、HTMLのバリデーションできたり。)
・アイコンがかわいい!!

タブ表示に対応しているので、あるタブではSQL書いてみたり、あるタブではただのメモ帳として使ったり、
本当に雑記帳という感じで使っています。

インストールはこちらから

(今公式ページを見てみると、今後開発を継続しないという旨が書いてありました。おおお、残念すぎる。)

2. visor

ターミナルを起動するアプリ。
起動前


起動後


ショートカットキーをたたくと(自分は、⌘+SPACE)、ターミナルが「サッ!」と出てくるんです。
うーん、なんて表現すればよいのかわかりませんがとにかく便利なんですよね…。

これも、無ければ無いでいいんですが、一度使い始めると病み付きに。

インストールはこちらから
(ver2.0からsnow leopardの64bit版Terminalでも使えるようになったみたいです!)

3.MacZip4Win

「橋本さんから送られてくるZIPファイルの中身、いつもファイル名文字化けしてるんですよね。。」

お客さんに言われるまで気づかなかったのですが、Macのデフォルトの圧縮機能(右クリックで圧縮)を使うと、どうやら、ファイルが文字化けするらしいです。それを解消するためのアプリがこれ。
Dockに置いておいて、ファイルをDockのアイコンにドロップするだけで圧縮完了。
便利です。
これも必須ではないんですが、文字化けカコワルイのでファイルをzipにするときには使うようにしています。

インストールはこちら
(リンク先「Ranaとの日々」の記事中の「ダウンロード」からダウンロードできます)


うーん、予想通り地味なラインナップになりましたね。


ちなみに、必須アプリもついでに。定番アプリが多いですね。

Firefox + firebug …説明不要ですよね。

・ターミナル + vi …こちらも説明不要かと。

iWork'09 …Excelファイルを開くときに、ちょっと前まで「NeoOffice」使っていたんですが、最近はすっかりNumbersを使うようになりました。見た目キレイなんですもん。Pagesはアウトライナーとして使ってます。プレゼン資料はKeynote一択。

Thunderbird 3 β …タブ機能が便利で2には戻れなくなりました。

・Transmit …最近CyberDuckから乗り換え。もっと早く買えばよかった。

Flex Builder3 …これ無いとFlex書けない。

Clamxavウイルス対策。なんとなく安心感。

・JollysFastVNC …VNCクライアント。

LimechatIRCクライアント。

・Gcal …グーグルカレンダー専用ブラウザ。何気に便利。

VMWare fusionIEでテストするときにWindows立ち上げるため。ほんとは使いたくないけど、無いと仕事にならない…。

・porticus …MacPortsGUIクライアント。もうコマンドラインに戻れない。

・The Hit List …タスク管理。デザインがかわいい。毎日使うものは、やっぱりデザインが一番大事。機能も豊富です。一押し。

Growl …アプリケーションのイベント通知。忙しいときとかは「うるさい」と感じてしまう。

・istatMenus …メニューバーにシステム情報を表示。メモリしかほぼ見ませんが…。

・QuickLook …アプリではないんですが、一応。QuickLookが便利すぎるせいで、もうWindowsには戻れない。今度別記事で入れてるプラグイン書きます。たぶん。


書き出してみると意外と数ありますね。
他にも「これ便利だよー」っていうのあったらぜひ教えてください。