アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

英単語を覚えるためのいくつかの戦略

こんにちは、斉藤です。

ITエンジニアと切っても切れない関係なのが英語ですね。
ライブラリの公式ドキュメントを読むとき、Github上でやり取りするときには避けては通れません!
そう思って英語を勉強している訳ですが、英単語と格闘することが多いです。
という訳で、今回は"英単語を覚えること"に焦点を当てて、いくつか方法を紹介します。



そもそも"英単語を覚えよう"と至った経緯について


いままでこんな方法で英単語を調べてきました。


* 紙の辞書を引く
* 電子辞書を引く
* 端末上でテキスト選択し、ビルトインアプリや翻訳APIなどでスムーズに翻訳

こうやって、テクノロジーの進歩とともに楽に調べてきた訳なのですが、最近ではテキスト選択するのも面倒くさい!と思うようになってしまいました。
という訳で辿り着いたのが以下の結論です。

最初から頭の中に入れておけば良いのでは…?

なるほど、確かに頭の中の記憶媒体であれば、辞書を引いたり、テキスト選択するという、物理的に何かをするという手間が省けますね!
ということで、本題の通り英単語を覚えていくことにしました。



覚えるための基本戦略


まずは他の方法と合わせて使う基本的な方法です。

- 単語帳に単語と意味を書き出して、できるだけ毎日見返す
泥臭いですが、単語帳を作って毎日見返すに勝る方法は無い!と思っています。
ただ、紙とペンを使わずにこんなアプリを使うという方法もあります。



このアプリの嬉しいところは、忘却曲線という概念を利用して復習する頻度を自動的に変更してくれる、というところです。
詳しい説明は他に任せますが、要は適切なタイミングで見返せば徐々に長く覚えていられるようになるよ、という話になります。
* Anki
* 忘却曲線 - Wikipedia

- 画像検索で意味を絵で見る
これは以前、かなり話題になりましたね!
英単語を一瞬で覚えるための単純で強力なテクニック - UIU

意味を文字で掴むよりも、絵で見た方が早い!という場合は、検索エンジンを使いましょう。
例えば、似たような英単語にstack, pileがありますが、どちらも名詞として"積み重なり"という意味を持っています。
では何が違うのか・・・

* stackのgoogle画像検索結果
* pileのgoogle画像検索結果

パッと見て違いが分かるでしょうか?


* stackは "きちんとした" 積み重ね
* pileは "単なる" 積み重ね

と、意味を知ることができます。

たまに映画のタイトルや人物名に使われていたりして、よく分からないという欠点が存在します(pileもその一つだったので、検索ワードを"pile english"としています)。


ここまでが基本戦略になりますが、これらだけだと覚えていくものとしてもかなり無味乾燥なため、頭に定着させる作業としてはとても辛いものになります。
これを以下のいずれかの方法と組み合わせることで、単語の定着率を補強します。



コロケーション(連語)


単語を二つ組み合わせることで、覚えやすいイメージを掴む、という方法です。
例えば、


* mansion
* spectator
* bold 
* excited
* idea
* haunted

と単語をつらつら覚えていくのではなく、これを二語づつまとめて、


* bold idea(大胆な考え)
* excited spectator(興奮した観客)
* haunted mansion(ホーンテッドマンション)


という方がイメージが湧いて、頭に入る気がしませんか?
特に"ホーンテッドマンション"は映画やアトラクションでおなじみですね!

メリット


* 一度に二つ単語が覚えられる
* この考えを元にした英単語書籍が存在する
* 適切な書籍を選べば、頻出単語を狙って覚えられる
* 形容詞 + 名詞、名詞 + 動詞の組み合わせで覚えられる


デメリット


* 副詞、前置詞などが連語内に出てきにくい


メリットにもあるように書籍が存在するため、レベルに応じて書籍が単語を集めてくれます。
この手の書籍では"英単語ピーナツほどおいしいものはない"という本が有名ですね!



レキシカルセット(Lexical set)


同じシチュエーション、文脈で使われそうな単語をまとめて覚える、という方法です。


* 夏: summer, beach, ocean, island, shore, parasol, oyster, sand, shell, palm tree…
* 映画: movie, video, popcorn, cola, seat, sound, quiet, picture, theater, actor, actress, oscar, ticket...

単語を一つづつ覚えるのではなく、こんな風に一つのシチュエーションから連想する方が頭に残りやすいですよね。

メリット


* 風景を想像するだけで、まとめて単語を想像できる
* 名詞を覚えるのに向いている


デメリット


* 名詞以外はリストにしにくい(覚える本人が想像しにくいと思います)
* この手の書籍を見かけたことが無い


欠点にも書いていますが、この手の書籍は見たことが無いので、0から自分で単語を集めてこなければならない可能性が高いです。
このレキシカルセットという概念も、以下のサイトから知ったものです。
* Lexical sets - BBC Learning English
* Lexical set - Wikipedia



ストーリー


物語という一つの文脈を使って、それぞれの単語をイメージづける、というレキシカルセットとほぼ同じ方法です。
本やまとまった文章を読んで、その中に出てくる知らない単語を拾い上げるという作業で覚えていきます。
筆者が一番好んで使う方法です。

例えば、赤毛のアンを見たことある人なら分かると思うのですが、
Anne sobbed. -> アンってよく"泣いて"いるなーとか、

他には、マインクラフトの小説版があったので、
Steve sprinted away from the skeleton. -> スケルトンって危険だから、"全力疾走して逃げる"こともあるよねーとか、

という風に単語に登場人物のイメージをつけて覚えていきます。
単語帳に登録する単語には、その本のタイトルも書いておくと見返した際に思い出しやすいです。

メリット


* 登場人物の性格、物語の特徴とともに覚えられるから、用法によらずイメージをしやすい
* 単語だけでなく、句動詞、知らない言い回しなども覚えられる
* シリーズ物を読むと、使われている単語も前の巻で覚えたものが出てくることがあるので、調べながら読むのだけど徐々に楽になる


デメリット


* 頻出単語かどうか関係なく、出てきた単語を覚えていくことになる
* 一生使わない単語も覚えることになるかも
* 文章を読むという作業が余分に発生するため、とにかく時間がかかる
* 読む本の種類や対象年齢を変えるだけで、出てくる単語がかなり変わる


筆者の場合、この手の60ページぐらいある本を30冊ぐらい読んで、一冊当たり知らないものが 30[単語 or 言い回し]見つかりました。
つまり、30*30 = 900[単語 or 言い回し]覚えたことになります。
たくさん読んだなーって満足感はありますが、それでも1000も増えてないという事実!
この方法の場合、読書が好きだと楽しいのですが、とにかく時間がかかります・・・。

この手の書籍では洋書がもちろんそうですが、英語学習者向けに以下が有名ですね!
* Oxford Bookworms
* Penguin Readers



語源


接頭辞、語根、接尾辞に分けて意味を理解する、という方法です。
例えば、


* unbelievable = un + believe + able
  * un: <否定の意味を語根に加える>
  * believe: 信じる
  * able: <できるの意味を語根に加える>

信じる + できる = 信じられる
信じられるを否定 = 信じられない
となるわけですね。

語根を知ると、知らない単語に出会ったときにも意味が想像しやすい、と言われています。
ただ、筆者はこの手の本を一冊持っているだけでやり込んだことは無いため、効果がどこまであるかはまだ分かっていません・・・。



(番外編)ゲーム


知っている人は当然の知識ですが、ゲームFinal Fantasyの魔法はかなり英語が語源となっています。


* ファイア: fire
* ブリザド: blizzard
* サンダー: thunder
* メテオ: meteor
* コメット: comet
* テレポ: teleport
* レビテト: levitate

FFをやれば、英単語に親しみが持てる訳ですね(かなり限定的な単語ばかりになりますが)。
中学生の頃、こういう風に英単語を覚えて、英語が好きになったものです。
ケアルはcureから来ていると思うのですが、怪しいので詳しい方はコメントください。
あとFF3にサイトロという魔法があったのですが、語源がいまだに謎です(site + xxx ...?)。





まとめ


今回は英単語の覚え方をいくつかご紹介しました。

必要な英単語を集中的に覚えるならコロケーション。
コンテキストごとに覚えるならレキシカルセット。
時間をかけても楽しんで覚えるならストーリー。
という感じでしょうか。

英語は英単語が全てではありませんが、それでも新しい単語を知れるとかなりワクワクしますね。
他にも知っている方法があればぜひ教えてください!

それでは、また!



採用情報


アシアルでは、Monacaという製品をグローバルに普及させるべく日夜活動を行っております。
グローバルに戦いたいという方は是非、ご応募ください!
(外国籍の方も数名いますので、英語学習へのモチベーションが上がること間違い無いです!)

Monaca/Onsen UIの開発チームに参加しませんか? - Monaca

メールでよく使う英文2

今回も前回に引き続き、知り合いがちょっぴり面白いといってくれたので、今回もメールでよく使用する英語のフレーズをいくつか紹介したいと思います。

前回と同様、実際にメールでよく使用する文面や言い回しを以下に挙げていきたいと思います。



attached file 「添付ファイル」
Please find the attached file.
「添付ファイルをご覧ください。」




corrupt 「破損する」
I cannot open the file since it is corrupted.
「ファイルが破損しているため開けません。」




garble 「文字化け」
I cannot read your message. It is garbled.
「メールが文字化けしていて読めません。」




reproduce 「再現」
I cannot reproduce the problem.
「問題を再現できません。」




be interested in ~ 「~に興味がある」
I’m very interested in your idea.
「あなたのアイデアに非常に興味があります。」




look forward to ~ 「~を心待ちにしています、~を楽しみに待っています。 」
We are looking forward to hearing from you
「ご連絡お待ちしております。」




available 「手が空いている、時間がある」
Are you available for the meeting tomorrow?
「明日の会議に参加できますか?」




should ~ 「~のはずだ」
This should work fine.
「正常に動作するはずです。」




following 「以下の」
Please answer the following question.
「以下の質問に答えてください。」


余談ですが、先日はバレンタインデーでしたが、海外ではホワイトデーというものがありません。
日本では、女性から男性にチョコをあげるというのが一般的ですが、海外では、主に男性が女性に花束やチョコを贈ったりします。うらやましいですね~

メールでよく使う英文

以前のブログ「英語の略語(チャット編)」で、チャットでよく使う英語の略語を紹介しましたが、今回は、メールでよく使うフレーズを紹介したいと思います。

仕事で海外企業とメールやチャットでやり取りすることが多いのですが、その際にメールでよく使用するメール文を以下にまとめてみました。



Hope things are well!
「全てが順調であることを願っています。」




Sorry for the delay.
「ご連絡が遅くなり申し訳ございません。」




Thank you very much for your quick reply.
「迅速な対応ありがとうございます。」




Regarding ~
「~の件、~について」

Regarding this problem, I will look into it soon.
「この問題については、早急に確認いたします。」


ちなみに、メールを返信した際に件名に「Re:」と表示されますが、reply(返信)の略ではなくRegardingの略だそうですね。最近知りました。。。



Once ~
「~次第」

I will let you know once we fix the problem.
「問題が解決次第、改めてご連絡差し上げます。」




I would appreciate if you could ~
「~していただけるとありがたいです。」

We would appreciate if you could give us your feedback.
「ご意見いただければ幸いです。」




If you have any question, please feel free to ask us.
「何かご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。」




Thank you very much in advance.
「よろしくお願いいたします(前もって感謝しますといった意味あいになります)。」




Best Regards
最後の挨拶によく使います。「よろしくお願いします。」という意味があります。


メールと関係ないのですが、クリスマスも近づいてきて最近「X'mas」という文字をよく目にすると思いますが、実はこれ日本(中国もかも)でしかこの書き方はしないそうです。そういえば海外で見たことないかも。正しい表記は「Xmas」で、一般的には「Christmas」になります。

クリスマスと言えば、アシアルでは25日まで製品のセールを実施しています!そちらも機会があればぜひご利用ください♪
https://www.asial.co.jp/phpshop/sale.php

英語の略語(チャット編)

先日のブログで、ネットでよく使われる「英語の省略単語」を紹介していましたが、今回は英語でチャットをする時に実際によく使用する略語を紹介したいと思います。

基本的には、大文字や数字の組み合わせだったりしますが、チャット等で使用する際には、簡単でスペルミスも無くなるので便利かと思います。

先に略語のみを羅列するので、まずは何の略語か考えてみてください。



1. k
2. thx
3. pls
4. 4u
5. I c
6. c u
7. ttyl
8. lol
9. xoxoxo


以下、それぞれの意味になります。



1. OK
2. Thanks
3. Please

4. for you
5. I See(なるほど、わかった)
6. See You(またね、じゃあね)


4~6に関しては、読み方で「you」を「u」と書いたり、「See」を「c」と書いたりします。
「See You」はもっと砕けた言い方だと「See Ya」と言ったりもします。



7. Talk To You Later(またあとでね、また後で話そうね)
8. Laughing Out Loud(大爆笑)
9. kisses and hugs(Xはキスで、Oはハグを表します)


9は、親しい人への手紙や、カード等の最後に書いて親愛の意味を表します。


皆さん普段よくチャットはすると思うので、日本語でチャットする際にもぜひぜひ使ってみてください。

英語の省略単語

とある最近のこと、お付き合いをしている海外企業からのメールに、以下のような文章がありました:

IMHO, you should do that ASAP!」

大文字が続く場合は省略文字系なのですが、どういう意味だかお分かりですか?
ということで、今回はそういったネットでよく使われる略語をまとめてみました♪

IMO

In My Opinionの略です。日本語で言うと「オレ的には」でしょうか。他の人たちと意見が違うけど、自分としては伝えておきたい場合などに使います。

ASAP

As Soon As Possibleの略です。エーサップと発音したりします。「なる早で」っていう日本語になるでしょうか。

OTOH

On The Other Handの略です。日本語は「一方で」になるでしょうか、なかなか良い訳思い浮かびません。

IMHO

In My Humble Opinionの略です。IMOの派生形。
Humbleは「謙虚」「つつましい」という意味で、日本語でまとめると「僭越ながら・・・」という感じでしょうか。

IMNSHO

これは、IMHOをさらに派生させています。
展開すると、In My Not So Humble Opinion。「強気ながら・・・」という訳になるでしょうか。ここまでくると、言葉遊びが入っています。

PHP

よく使われる省略語。PHP: Hypertext Preprocessorの略です。PHPの非省略形の中にPHPがさらに入っており、無限ループしています。こういう形はRecursive Acronymと呼ばれます。有名なGNUも、GNU is Not UNIXの略です。

なお、このPHPPHP文庫でいうPeace Happiness・・・とは異なりますので、注意してください。何かは、このブログをご覧の方であればご存じでしょう。

FYI

For Your Interestの略です。「興味あれば」という時に、メールの先頭などにつけます。逆に「自分は検証してないけど、よろしくね」と、他の人に押しつけたい時にも有効です。

P.S.

Play Stationではなく、Post Scriptの略です。メールの最後に記述します。

AFAIK

As Far As I Knowの略です。同じようなもので、AFAICS(As Far As I Can Say)とか、AFAICT(As Far As I Can Tell)も見たことがあります。「自分の知る範囲だと」という日本語でしょうか。

BTW

By The Wayの略です。「ところで」という日本語訳は、学校でも学ぶとおりです。ただ、日常世界だとネイティブは余り使われない気もします。逆に、日本人は英語で話すときによく使う気がします。

こういった省略単語は、Abbreviationと呼ばれます。Abbreviation Glossary というサイトを見つけましたので、他のものを知りたい方は是非どうぞ。