アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

手軽に使えるちょっとオシャレなCoda2

こんにちは坂本です。

9月からエンジニアとしてアシアルに入社しました。
今回、ブログに掲載する記事を書くということでドキドキしながら書いています。

さて、みなさんはどんな統合開発環境IDE)を使ってるでしょうか?
Windows系アプリの場合はVisualStudio一択ですがWeb系の場合はなかなかそうはいきません。

現在、様々なIDEがありどれがスタンダードなのか決まってはいません。
好奇心旺盛な人は常に新しいIDEを試し続けていますが社内スタンダードなIDEを疑問を持たずに使っている人も多いのではないかと思います。

今回はMacOS限定ですがIDEの一つ、Coda2についてお話をしたいと思います。

私は数年前にMacを使い始めEclipseIntelliJAptanaNetBeansKomodoIDEと様々なIDEを試してきました。
ところが2012年にCoda2というIDEがAppStoreで発売、さらに割引キャンペーンに釣られたのをキッカケにCoda2を使い続けています。

このCoda2は他のIDEに比べて極端に使いやすい機能がある訳ではないのですが気に入ったのは手軽さです。


手軽その1:インストールが簡単


Coda2はAppStoreから購入してインストールするだけで使用することができます。
インストーラーをダウンロードしてインストールしてライセンスを入力、インストーラーを削除みたいな必要がありません。


手軽その2:プロジェクト情報を共有


Coda2は1つのプロジェクトを「サイト」という単位で管理します。
このサイトにはサーバ情報やGitリポジトリの情報などを保存しておくことができ、Coda2を開いてサイトをクリックするだけで開発を開始することができます。
そしてサイト情報はiCloudで共有することができるので複数MacOSの環境があった場合、どちらでも開発を続けることができます。
業務中に個人のプロジェクトのコードを参考にするときなどにも使えますね。


手軽その3:環境設定の少なさ


IDEを使い始めたら、まずはコーディング、そして環境設定の変更を繰り返す人も多いのではないかと思います。
最初の頃は環境設定を変更することが楽しみでも慣れてくると数十カテゴリに分類された環境設定から該当の設定を探すのがおっくうになってきます。
特に私のような色々なIDEを試している人にとっては新しいIDEの環境設定からエディタの行番号を表示する設定を探すだけでも一苦労です。

ところがCoda2は不安になるくらいの設定項目が少なくカテゴリもたった9つだけです。
ですが、こんな設定があったらいいのにと思ったことはないので私にとっても十分な項目数の環境設定です。


こんなCoda2ですが不満がない訳ではありません。

Vimキーバインドがない
・バリデーターが貧弱
・SassのCSSが自動で吐き出されない
プラグインが少ない

などなど理想的なIDEではないことは確かです。


現在は手軽なCoda2で開発を進めていますが今後も新しいIDEを試していきたいと思います。


次はWebStormかなぁ・・・。

高機能なPHP統合開発環境「VS.Php日本語版 2.6」新規リリース

先日2月27日(金)、Visual Studio インターフェースを用いたPHP開発用IDEの新規バージョン「VS.Php日本語版 2.6」をリリースしました。



最新版では、既存の機能強化に加え、新しくプロジェクトの種類として、「IIS プロジェクト」、「コマンドライン プロジェクト」、「Zend Framework MVC プロジェクト」が追加されました。

正規版と同じ機能が全て搭載された30日間無料で使用できる評価版もありますので、ぜひダウンロードして最新版の機能をお試しください。

また、最新版のリリースを記念して、4月30日(木)まで10%offの割引キャンペーンを実施中です! この機会にぜひご検討いただければと思います。

最新バージョン2.6での主な新機能・改善点は以下のとおりです。

■「プロジェクト種類」の対応追加



以下のプロジェクトの種類が新たに追加されました。

・PHP5 プロジェクト:ローカル上にPHP5のプロジェクトを生成します。
・PHP4 プロジェクト:ローカル上にPHP4のプロジェクトを生成します。
IIS プロジェクト:ローカルのIISサーバを利用するPHPプロジェクトを生成します(Vistaのみ対応)。
コマンドライン プロジェクト:コマンドライン アプリケーションを実行・デバッグするプロジェクトを生成します。
Zend Framework MVC プロジェクト:Zend Frameworkを使用したプロジェクトを生成します。(PEARディストリビューションを含むZend Frameworkを搭載しています。)

■Website Copyの強化



VS.Phpには、FTPやセキュア FTPSSH)、FTPS(FTP over SSL)を使用して、ローカルとリモートサーバ間で容易にファイルをダウンロード/アップデートできる機能「Website Copy」が備わっています。
2.6からは、ドラッグ&ドロップするだけでローカルやリモートサーバ上の指定のディレクトリにファイルをアップロードすることができるようになりました。 また、ローカルとリモートサーバのファイルをミラーリングする「同期」機能が追加されました。

■インテリセンス機能の強化



インテリセンス機能に、よく使用するインテリセンスの候補一覧とすべてのインテリセンス一覧と表示を切り替えれるようにタブが追加されました。

・「よく使われる候補」タブでは、プロジェクトで頻繁に使用されるインテリセンスの一覧が表示されます。
・「すべての候補」タブでは、すべてのプロジェクトにおいて使用可能なインテリセンスの一覧が表示されます。

>>BOXNC
VS.Phpとは
「VS.Php」は、米国のJcx Software社が開発したPHP用のIDE で、人気の高いVisual Studio .NETIDEワークベンチを利用することで、PHPアプリケーションのデザイン、開発、デバッグ、デプロイ環境を提供します。

また、インテリセンスや、デバッグ機能、ダイナミック・ヘルプ、Smartyエディタなど開発効率を上げるための多くの優れた機能を備えています。

高機能なPHP統合開発環境「VS.Php日本語版 2.4」β版リリース

こんにちは、川原です。

Visual Studio インターフェースを用いたPHP開発用IDEの次期バージョン「VS.Php日本語版 2.4」のβ版をリリースしました。



VS.Phpを現在使用している方、まだ使用したことのない方も、ぜひダウンロードして試用してみてください。

また、まだまだβ版の段階ですので、いろいろと評価してただき、不具合やバグなどありましたら、正式版リリースまでに対応させていただきますので、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡いただけたら幸いです。

次期バージョン2.4では、主に以下の機能が追加されます。

Visual Studio 2008に対応

VS.Php 2.4から、先日、日本でも正式版の提供が開始されたVisual Studioの最新版Visual Studio 2008対応のエディションが追加されました。
VS.Php for Visual Studio 2008を使用することにより、最高品質のPHPアプリケーションをより迅速に作成、デバッグ、デプロイできるようになります。

Xdebug搭載

今までは、PHPスクリプト用のデバッグツールとして「DBG」が搭載されていましたが、2.4からは「Xdebug」が追加されました。お好きなほうからお選びいただけ、PHP4では「DBG」、PHP5では「Xdebug」といった感じで使い分けていただくこともできます。

■Website Copy

もう一つの主な機能として、ファイル転送機能「Website Copy」が追加されました。
Website Copyは、ファイルのデプロイをより簡単にするための機能です。
ファイルのダウンロードやアップロードや、ファイルやフォルダの名前の変更、新しいフォルダの作成、削除など、ファイルに対する基本操作が可能です。


>>BOXNC
VS.Phpとは
「VS.Php」は、米国のJcx Software社が開発したPHP用のIDE で、人気の高いVisual Studio .NETIDEワークベンチを利用することで、PHPアプリケーションのデザイン、開発、デバッグ、デプロイ環境を提供します。

また、インテリセンスや、デバッグ機能、ダイナミック・ヘルプ、Smartyエディタなど開発効率を上げるための多くの優れた機能を備えています。