Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

バックエンド(インフラ)の一覧

WiMAXルーターで10台以上の端末を接続できるのか?

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
icon
 こんにちは、アシアルの岡本です
先日、大人数で一台のWiMAXルータを利用する機会に恵まれたので、今回はその報告をしたいと思います。

以前のディスク状態に簡単に戻せるファイルシステム NILFS

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
fdisk.png
こんにちは、牧野です。
ハードディスクのデータを誤って消してしまった場合でも簡単に元の状態に戻せるファイルシステムがあるという話を聞いたので、試してみました。
「NILFS」というファイルシステムで、無料で利用できます。

Debian+virt-managerでKVMを扱ってみた

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
kvm
virt-manager
Debian
Linux
1.png
最近、社内の開発Xenが遅い。
常時12,13台起動しているため、そろそろ新サーバを導入してもいいんじゃないかと考えています。

新サーバもXenにしようかと考えましたが、最近RedHatがKVMをメインにすると言っているので、試しにKVMで仮想化してみました。

mod_proxy_balancerで特定のレスポンスコードを検知させる方法

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
apache
社長BLOG
Tech
icon
お久しぶりです!田中です。
今回は自分が関わっている件というのもあり、mod_proxy_balancerでワーカーから特定のレスポンスコードが帰ってきた際、バランサーからワーカーを外す方法を紹介します。

lsyncdを使ったディレクトリ同期の制限について

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
wc.jpg
こんばんは、牧野です。

今日はサーバ間でディレクトリを同期させるのに便利な、lsyncdについてです。
大量のファイルの同期が必要そうなシステムが出てきたため、lsyncdの制限について検証してみました。

sshでポートフォワード

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
Linux
openssh
ポートフォワード
Debian・・・だけじゃない
icon
sshには言わずと知れた「ポートフォワード」という機能があります。
読んで時の如しで、sshの暗号化されたトンネルを利用し、任意のポートに来た通信を転送できます。

何がうれしいかと言うと、リモートの 5432番 をローカルの 5432 にマッピング出きる。
つまり、sshさえ繋がれば、そのサーバから見える範囲ならなんでも使える!と言うことです。

タイル型ウィンドウマネージャ stumpwm 導入

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
タイル型WM
Linux
Debian
stumpwm
icon
stumpwmとは、タイル型ウィンドウマネージャの一種。
ratpoisonの後継でcommon lispで実装されています。
Cで書かれたratpoisonより若干重くはなりますが、拡張性に優れており、設定ファイルもcommon lispでかけるのでいろいろと便利。

ついこの間ratpoisonからstumpwmへ乗り換えたので、導入について書いてみたいと思います。

壁を穴をあけずに光ファイバーを通す方法

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
YUKI家の外壁
先々月引っ越しをして、文京区民になった岡本です
何はともあれ、通勤時間が短くなったので、
これからは趣味でサーバやプログラムと戯れる時間を増やせそうです。

…と思ったのもつかの間、
自宅に光ファイバーが引けず、
難儀な生活を余儀なくされました。

XRDPでLinuxをRDPサーバーにする

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
Debian
XRDP
リモートデスクトップ
rdesktop
icon
Linuxで遠隔操作と言えば、sshでコンソールにつないで作業が普通ですね。
WebサーバーやDBサーバー用途などでは不便なことは有りませんが、クライアント用途となるとGUIで遠隔操作出来ないと辛い場面が有ります。

VNCより高速な、WindowsのRDPのOSSな実装であるXRDPを入れてみました。

外部からのsyslogを受信する

カテゴリ :
バックエンド(インフラ)
タグ :
Tech
ルーター
RTX-1000
syslog-ng
Debian
icon
最近、社内で使用しているRTX-1000が不調で、突然telnetやpingすら返さなくなる現象に悩まされています。
ログを詳細に取り、原因を究明するため、Linuxにsyslogを転送してログをとるようにしてみました。