Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

タグ「社長BLOG」の一覧

Lingr上にAsial Room作りました~♪

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
田中です。

今にぎわっているLingr上に、アシアルルームを作りました。http://www.lingr.com/room/jAzKNZffgC5から、アクセスしてください。どんな事でもお気軽に書き込んでください。

パソナテックセミナーにて思ったこと

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
お久しぶりの田中です。

昨日、少しばかりのご縁を頂き、パソナテックさん主催のセミナーにて講演(パネルディスカッション)をさせていただきました。

パソナテック社長の森本様からは、非常に応えやすい質問を頂けたので、私としては非常に助かりました。僕も、分かりやすく説明できる森本社長を見習わないと。

参加者はU25という事で、25才の自分とほとんど変わらない学生さん。僕は就活をしていないものの、2~3年前は、友達もこんな感じだったなぁと思いながら、話をしていました。

印象に残ったことは、皆さんが会社の社風について、非常に意識が高いこと。「どうしたら社員が辞めない会社を作ることができるんですか?」と聞かれたときは、「若者はなぜ3年で会社を辞めるのか?」という意識を持っていた自分が恥ずかしくなりました。

急成長企業でスキルアップと考えて会社に入社してくる人よりも、一緒にものごとを成し遂げようよと集まる人の方が、僕は好みです。昨日の参加者の感触だと、後者を望む人が多いみたいで嬉しかったです。

また、ITエンジニアはクリエーターだと断言しました。実際は、システム受託を専門にやっているプログラマであれば、この感覚は無いかもしれません。ただ、僕の理想とするIT企業は、エンジニアリング能力をもったクリエーター(もはやプログラマではない)が、会社の命題を実現していく、というものです。そのためには、自己実現を含めたモチベーションも必要だと思います。

先日デブサミに行ったとき、Feedpathの津幡さんが、サイボウズ製品のOfficeは創業者の1人である畑さんが1人で作り上げたものだ。データベースソフトのデジエやCRMのメールワイズといった製品も、最初はプログラマ1人とデザイナ1人で作っていたりするんだよね、と話していました。

1、2人で大きな製品を作れることは、IT企業が一番自慢できる事だと思います。しかも、絵画などと異なり、その内容が素晴らしいものであれば、世界中の人が同時に使い、その仕組みに恩恵を受けることができます。

手前味噌ながら、HTML2PDFも同じようなスタンスの商品です。2月~3月にかけて、立て続けにこのようなサービスを増やす準備を、いま進めているところです。ご期待ください。

HTML2PDFリリース

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon

お久しぶりです、田中です。

本日、HTML2PDF.BIZというサービスをリリースいたしました。これは、WebサイトのURLやHTMLページを渡すと、それをPDF化して返してくれるという、所謂Webサービスです。

嬉しいことに、多くのサイトに掲載して頂き(特にGIGAZINEに取り上げて貰えた!)、評価をいただけたことは非常に嬉しいです。

その反面、こんなにアクセスが来ると思わなかったこともあり、かなりサーバーが悲鳴をあげることになってしまいました。今後のサイト運営では、こういったマズイ部分を直していきたいと思います。

ちなみに、このHTML2PDF、もともとは社内で領収書や請求書を発行したい時に便利だという事で作成しています。もともとPDFは好きじゃありませんが、自動でメールにPDFを添付したい時など、重宝すると思います。

ぜひ一度、HTML2PDFをおためしくださいませ♪

玄箱の使い道

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
kuro-box.jpg

田中です。
今年もできる限り更新続けていきます。
他の人々もお願いしますね。>社員のみなさま

さて、個人的にも、会社的にも、玄箱をかなり使っています。
どういう部分で使っているかと言うと・・・

・ふつうのサーバー
   特に壊れても良い、スペック不要なWebサーバーには十分です
・ロードバランサー
   以前森川が書いていた通り、ロードバランサーとして活用しています。
・お遊びサーバー
   自宅サーバーとして1台持っています。
   電気食わないし、静かなので便利。

ロードバランサーとしてはLVSを使っていますが、これがあれば、そこそこの技術力と思い切りと好奇心さえあれば、高価なバランサーは不要なのではないかなと思う程のものですね。

そのうち森川にここら辺を詳説してもらおうと振ってみるテスト。

あけましておめでとうございます(遅)

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
HI350013.jpg
遅まきながら、今年もよろしくお願いします!

元旦は高校時代の友達と田舎の居酒屋でだべった後、みんなで初詣。
この風習は、高校の時代からずっと続いています。
今年も参加者10名ほど。こういう機会じゃないと、一同に再会することができません。
この写真は、その帰り道に実家の駅で撮った写真。元旦の朝2時半でした。


年末年始と引越しが重なったことで、昨日までずっとバタバタしていました。
今日から、新オフィスで気分一新、頑張って参ります。

「ソフトウェア開発会社を作ろうという小資本理系学生向けのメモ」を読んで

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
親しくして頂いている、先輩企業DINOの高原さんによる投稿「ソフトウェア開発会社を作ろうという小資本理系学生向けのメモ」を読みました。はてブですごいヒットを集めていて、ただただ尊敬するばかりです。

そこにあった記述は、同じく技術者上がりで何も経営を考えていなかった自分にとっても共感すること、勉強になることが多いです。

ディノさんとは、同じPHP言語を生業とする会社です。
高原さん、これからもご指導ください!

Happy Merry Xmas!!

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
ハッピークリスマス!!

一昨日の会社忘年会は、過去最多の参加人数!残念ながら参加できなかったのはドク論で忙しい井川さんだけと、大いに盛り上がりました♪

オールの2次会ではVIP STARを歌い上げた小川君に感動。アカペラで歌いきるのはスゴい。プログラマにならなくても、プロ歌手になれるんじゃないか・・・??

2006年も残すところ、あと1週間になりました。今年はあっという間に1年が経過した気がします。予想よりも良くできたこと、できていないこと、色々と勉強になった1年でした。この経験と反省を社員全員で学習して、来年の成長につなげていきたいと思います。

みなさま、2007年もアシアルをどうぞよろしくお願いいたします!

PHPプロ!マガジン発刊!!

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
田中です

アシアル創業時代からの事業でもある、PHPプロ!マガジンのVol.2を、無事発刊することができました。

PHPプロ!マガジン2007年冬号今回は、フレームワーク特集という事で、アシアル至上初の執筆者依頼をしています。いや、これまでも小山さんなどに執筆を依頼していたことはあったのですが、今回のように大きな特集を組み、複数の著者に記述していただくことは、初めてでした。

まだまだフレームワークが盛り上がっているPHP業界ですが、今回はCakeやPiece Frameworkといった新顔も深く解説しています。フレームワーク選びの参考に、是非どうぞ!

今回執筆に快く応じていただいた著者の皆さま、本当にありがとうございました。

詳細・お求めは、http://www.phppro.jp/magazine/index.phpからお願いしますね。

また、PHPプロ!のアフィリエイトも始めました。アフィリエイトでは、PHPプロ!雑誌や会員登録などのタイミングに応じて、PHPプロ!ポイントが溜まります。

ぜひお使いくださいませ!

冬休み

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
今年は12/28~1/9までお休みさせていただきます。この間、メールサポートや電話などが不通になると思いますので、ご了承いただければと思います。

ちなみに、1/9に会社の引越しを行う予定です。もし手伝ってもいいよ!とおっしゃって頂ける方がいらっしゃいましたら、エントリーお待ちしております ^^;

ただ、オフィスの契約がずれにずれこんだ関係で、内装工事は1月の後半に延期になりそうです。これは仕方ないですね、

IRCサーバー

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
最近、IRCサーバーをセットアップしました。仙石浩明さん「チープ教育: 「無意味にポジティブ」のススメ 」に刺激を受けたためです。

仙石さんは、知人の紹介で食事をさせていただいた事もあり面識がありますが、そのときはスペシャリストとジェネラリストという深い話題で盛り上がった記憶があります。

IRCサーバーを立てるまで、アシアルではMSN Messengerを使っていました。今でも海外の取引先とはMSN Messengerでやりとりをしているので、こちらはこちらで便利なのですが、社内のやりとりはIRCサーバーに集約。

実際に導入してみて、今のところ以下のような点がメリットだなと感じています。

○ 話している内容が全員に伝わるメリット
1.2人で話すチャットが少なくなり、無駄な「だらだら」話が少なくなった
2.皆で盛り上がる場ができた
3.何を話しているのか、共有することができた

○ 自分たちでサーバーを立てることのメリット
1.会話ログを残せるようになった
2.チャンネルに分けることで、内容を分けることができるようになった
3.社員がIRCを知ることができた

一番大変だったのはIRCサーバーを立てる所でしたね。僕は面倒になって途中で放棄してしまったのですが、未だに個人認証の方法が分かりません。

ただ、心配なのは皆、飽き性なこと。
IRCもいつまで続くかだな。。。