Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

田中正裕

代表取締役社長

1981 年香川県出身。小学生を米ダラスとロサンゼルスで過ごし、インターネットを知る。中学・高校時代にはフリーソフトウェアやシェアウェアなどの作成を活発に行う。

2000 年に東京大学工学部への入学と共に、株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズ、株式会社キュリオシティのアルバイトを経て、2002年7 月にアシアル株式会社を設立。当時、大学3年生、21歳。その後、東京大学大学院を中退し、現職に専念。「超極める!PHP」や「日経ソフトウェア特集」、ITPro「PHPウォッチ」など多数の執筆 / 講演をこなす。

たずさわった仕事

プログラマに喜んでコードを書いて貰える環境を整えるTips

カテゴリ :
日常
タグ :
icon
技術ブログ開始を宣言した田中です。
とはいっても僕が技術ネタを書いてしまうと、他の社員の持ちネタを奪ってしまうことにもなりかねないので、始めはちょっと上から目線系でいきたいと思います。

さて、アシアルでは現在15名ほどの人数がいますが、そのなかの大半(13名ぐらいかな?)はプログラマ、あるいはプログラミングができる人間です。ここまで比率が高い会社もそう無いのではないかと思っていますが、それだけに皆に満足して貰える環境を整えるのに苦労します。

特にプログラマたるもの、1にコード、2にコード、3・4が無くて5にデバッグというぐらい、コーディングのモチベーションを持続させるかが重要になってきます。僕自身もプログラマ出身(今でもと言う説もありますが)という事もあり、この辺りの満足行く環境作りについて、いろいろと試行錯誤をしてきました。

1.モニタはデュアルモニター(デスクトップ組)、あるいは20インチ1台(ノート組)

全員、必ず17インチのデュアルモニター、あるいは20インチのモニターを使用します。デスクトップを使う人はデュアルを、ノートの場合は20インチを使用します。

ちなみにモニターは、必要そうだなと思ったときに、一番安いランクのものを大量買いしています。1台4万円する国産製を1台買うよりも、1台2万円の安いものを2台買った方が効率が上がるからです。

またノートPCを使用する人は、20インチのUXGA表示可能なモニターにしています。どうしてもノートだと解像度が低く、作業にストレスが溜まりがちなので、高解像度のモニターは重宝します。

2.席は固定、基本はデスクトップPCを使用する

最近のネットベンチャーではフリーアドレス制をとっているオフィスが多いです。僕も最初はフリーアドレス制を考えたのですが、以下の理由から辞めました。
 1.マイデスクは色々とカスタマイズできるようにしたい(花育てたり・・・)
 2.書類を管理する引き出しや棚は固定されて欲しい(資料とか・・・)
 3.パット見たときに、誰が何処にいるか分かる(遅刻者を見つける)
もちろん、ノートPCの方が合宿やセミナーに行ったときに便利です。ただしノートPCが欲しい人は購入して、デスクトップPCの隣りにおいておけば良いだけのこと(さらに快適)。ペアプログラミングもやりづらいですが、そこはコードレビューなどで補っていけば、何とかなるかなと感じています。

一般的にはフリーアドレス制にすることで、営業の人たちの人数分の席を確保する必要がなくなり、オフィス効率が向上すると言われています。全員がコードを書いている僕たちにとっては、あまりメリットを感じていません。

その代わり、席替えは定期的に行います。色々と試しましたが、一番良いのは「あみだくじ」。この方法だと皆平等に席が決まりますし、雰囲気が崩れません。

3.Linuxサーバーを1人1台支給する

これは、モチベーションを高めるというよりは、リテラシーを高めるために実施しています。デスクトップPCもLinuxにすればいいじゃないという意見も聞きますが、僕は開発はWindows、サーバーはLinuxと明確に分けたいタイプです。

Linuxサーバーは中古のデスクトップPCを使用しています。人によってサーバーの内部構成はさまざまで、強気にGentooを入れたり、無難にCentOSを入れたり、その過程でいろいろと勉強してもらっています。

今のところ、アシアルでは上のような取り組みをしています。もしかしたら、他にも良い方法が有るかもしれませんし、そういう環境を整備していきたいと思っています。

もし何かヒントがありましたら、是非教えてくださいませっ。

Techカテゴリの配信をはじめます

カテゴリ :
日常
タグ :
icon
田中です

自分が何かをしていて直面するトラブルやノウハウに対する解決は、多くの人にとって共通に役立つものである事が多いですよね。

僕たちも、仕事をしていたり、趣味を楽しんでいるうちに経験したこと、学んだことは沢山あります。そういったものを、このTechブログを通じて公開し、情報を共有していこうと考えています。

TechはTechnologyから取ったわけですが、

 テクノロジー={プログラミング|ネットワーク|秋葉原・・・}

だけでは無いと思っています。昨日も税理士の方と話していましたが、企業のバックグラウンドに応じて柔軟に書類を整理し、統計を作成する会計職人も、技術者だと言っていました。僕たちも、社員の大半がエンジニアですが、マーケティングや製品販売のノウハウにも技術が宿っています。

ぜひ僕たちのTechが、皆さんの知恵と組み合わさって、素晴らしいアイデアやサービスに結びつくことを楽しみにしています!

さて、Techカテゴリはこれまでの日常カテゴリとは別に、交代しながら、なるべく毎日更新を目指して発信していきたいと思います!

アシアル株式会社もニコニコ始めました!

カテゴリ :
日常
タグ :
logo.gif
田中です



ニコニコ動画がスゴイと思ったので、まねしてみました。

「にこにこコメント」プレスリリース発表

Lingr上にAsial Room作りました~♪

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
田中です。

今にぎわっているLingr上に、アシアルルームを作りました。http://www.lingr.com/room/jAzKNZffgC5から、アクセスしてください。どんな事でもお気軽に書き込んでください。

工事状況その2 ~1日目終わり~

カテゴリ :
日常
タグ :
DSC00217.JPG
今日の工事が終わりました。
びっくりするぐらい格好良くなりました。僕たちにとっては、充分すぎる出来映えです。コマニーさん、ありがとうございます。

大企業のオフィスに慣れている人でしたら驚かないでしょうが、ずっと地味なところで仕事をしていた僕たちにとっては大きな変化です。

さて、工事後の雰囲気は以下のような感じ。


工事前はこちら。


残念ながら、現段階では詳しい写真は出せません。見たい人は、ぜひアシアルに遊びに来てください。

工事状況その1

カテゴリ :
日常
タグ :
DSC00203.JPG
実況が欲しいという(内部の)コメントを想定して、実はちゃんと定期的に写真を写しておりました。

今、ちょうど骨組みの設営。壁の工事は、本日中には完了するそうです。

現在のパーティションを外します。やはり、向こう側とは蛍光灯の色が違っていました。


ついに貫通!これから骨組みが始まります。というところで、お昼休み。


いろいろな資材が並べられています。工事の人たちが居なくなった時を見計らって、しっぽり撮影。


今はこんな感じ。みるみるうちに組み立てられていきます。

工事開始!

カテゴリ :
日常
タグ :
DSC00201.JPG
社員の日常ブログにまぎれて投稿する、社長の田中です。
平日にも滅多に無い、この時間に1人で出社している理由は、今日と明日で待ちに待ったオフィスの改装工事があるからです。コマニーさんという、パーティション専門の業者の方にお願いすることになりました。

工事前の貴重な写真(になるかな):


工事はそろそろ開始です。今日1日あれば、パーティションは終わるみたい。手際良い作業で、既に今のパーティションは取り除かれつつあります。

来週から、新しい環境で仕事が始まるのが楽しみです♪

パソナテックセミナーにて思ったこと

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon
お久しぶりの田中です。

昨日、少しばかりのご縁を頂き、パソナテックさん主催のセミナーにて講演(パネルディスカッション)をさせていただきました。

パソナテック社長の森本様からは、非常に応えやすい質問を頂けたので、私としては非常に助かりました。僕も、分かりやすく説明できる森本社長を見習わないと。

参加者はU25という事で、25才の自分とほとんど変わらない学生さん。僕は就活をしていないものの、2~3年前は、友達もこんな感じだったなぁと思いながら、話をしていました。

印象に残ったことは、皆さんが会社の社風について、非常に意識が高いこと。「どうしたら社員が辞めない会社を作ることができるんですか?」と聞かれたときは、「若者はなぜ3年で会社を辞めるのか?」という意識を持っていた自分が恥ずかしくなりました。

急成長企業でスキルアップと考えて会社に入社してくる人よりも、一緒にものごとを成し遂げようよと集まる人の方が、僕は好みです。昨日の参加者の感触だと、後者を望む人が多いみたいで嬉しかったです。

また、ITエンジニアはクリエーターだと断言しました。実際は、システム受託を専門にやっているプログラマであれば、この感覚は無いかもしれません。ただ、僕の理想とするIT企業は、エンジニアリング能力をもったクリエーター(もはやプログラマではない)が、会社の命題を実現していく、というものです。そのためには、自己実現を含めたモチベーションも必要だと思います。

先日デブサミに行ったとき、Feedpathの津幡さんが、サイボウズ製品のOfficeは創業者の1人である畑さんが1人で作り上げたものだ。データベースソフトのデジエやCRMのメールワイズといった製品も、最初はプログラマ1人とデザイナ1人で作っていたりするんだよね、と話していました。

1、2人で大きな製品を作れることは、IT企業が一番自慢できる事だと思います。しかも、絵画などと異なり、その内容が素晴らしいものであれば、世界中の人が同時に使い、その仕組みに恩恵を受けることができます。

手前味噌ながら、HTML2PDFも同じようなスタンスの商品です。2月~3月にかけて、立て続けにこのようなサービスを増やす準備を、いま進めているところです。ご期待ください。

HTML2PDFリリース

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
icon

お久しぶりです、田中です。

本日、HTML2PDF.BIZというサービスをリリースいたしました。これは、WebサイトのURLやHTMLページを渡すと、それをPDF化して返してくれるという、所謂Webサービスです。

嬉しいことに、多くのサイトに掲載して頂き(特にGIGAZINEに取り上げて貰えた!)、評価をいただけたことは非常に嬉しいです。

その反面、こんなにアクセスが来ると思わなかったこともあり、かなりサーバーが悲鳴をあげることになってしまいました。今後のサイト運営では、こういったマズイ部分を直していきたいと思います。

ちなみに、このHTML2PDF、もともとは社内で領収書や請求書を発行したい時に便利だという事で作成しています。もともとPDFは好きじゃありませんが、自動でメールにPDFを添付したい時など、重宝すると思います。

ぜひ一度、HTML2PDFをおためしくださいませ♪

玄箱の使い道

カテゴリ :
日常
タグ :
社長BLOG
kuro-box.jpg

田中です。
今年もできる限り更新続けていきます。
他の人々もお願いしますね。>社員のみなさま

さて、個人的にも、会社的にも、玄箱をかなり使っています。
どういう部分で使っているかと言うと・・・

・ふつうのサーバー
   特に壊れても良い、スペック不要なWebサーバーには十分です
・ロードバランサー
   以前森川が書いていた通り、ロードバランサーとして活用しています。
・お遊びサーバー
   自宅サーバーとして1台持っています。
   電気食わないし、静かなので便利。

ロードバランサーとしてはLVSを使っていますが、これがあれば、そこそこの技術力と思い切りと好奇心さえあれば、高価なバランサーは不要なのではないかなと思う程のものですね。

そのうち森川にここら辺を詳説してもらおうと振ってみるテスト。