アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

Visual Studio Code ではじめるシーケンス図

こんにちは、渡辺です。
シーケンス図を書くときにお世話になっているPlantUMLが、
Visual Studio Codeで簡単に利用できるようになったので、紹介したいと思います。

PlantUMLとは

テキストでUMLやシーケンス図、クラス図などを作成できる言語です。
ダイアグラムをテキストで記述できるため、Gitで管理することもできます。
Visual Studio Codeでは、次のようにPlantUMLプレビューでダイアグラムを確認しながら作成できます。

f:id:asial_takuya:20190310222156g:plain

Plant UML利用の準備

まず、Visual Studio Codeが端末にない人はインストールをしてください。

Visual Studio Code - Code Editing. Redefined

また、Javaもインストールが必要となります。
無料Javaソフトウェアをダウンロード

インストールが完了したら、Visual Studio Codeで拡張機能としてPlant UMLを追加します。 Marketplaceから「plantuml」と検索してインストールします。 下のリンクからでもインストールできます。

marketplace.visualstudio.com

※ シーケンス図とアクティビティ図以外では、「Graphviz」 が必要になります。
Graphviz - Graph Visualization Software

PlantUMLでのシーケンス図(基本)

続いて、シーケンス図で利用する構成要素を PlantUMLではどのように記述するのか説明します。

ライフライン

「participant」を記述すると表示されます。
participantを明示的に記述しなくても、新しいオブジェクトを記述すると表示されます。

f:id:asial_takuya:20190310210951p:plain

@startuml ライフライン
hide footbox

participant アリス
participant ボブ
@enduml

同期メッセージ

f:id:asial_takuya:20190310211312p:plain

@startuml 同期メッセージ
hide footbox
participant アリス
participant ボブ

アリス -> ボブ : メッセージ
アリス <-- ボブ : 戻りメッセージ

@enduml

実行仕様

処理が実行されている期間を表現します。

f:id:asial_takuya:20190310210908p:plain

@startuml 同期メッセージ
hide footbox
participant アリス
participant ボブ

アリス -> ボブ : メッセージ

activate ボブ
  アリス <-- ボブ : 戻りメッセージ
deactivate ボブ

@enduml

非同期メッセージ

f:id:asial_takuya:20190310211046p:plain

@startuml 非同期メッセージ
hide footbox
participant アリス
participant ボブ

アリス ->> ボブ : 非同期メッセージ

activate ボブ
  アリス <<-- ボブ : 戻りメッセージ
deactivate ボブ

@enduml

Visual Studio Code 上での基本操作

VSCodeで利用する操作は、簡単ですが次の2つです。

 ・プレビュー

  シーケンス図を記述したファイルを開いて「Alt + D」

 ・画像として出力

  「Ctrl + Shift + P」でコマンドパレットを開いて、
  「カーソル位置のダイアグラムをエクスポート」

OAuth2.0フローでの例

続いて、OAuth2.0のフローを例として、少し長めのダイアグラムを書いてみました。
Authorization Code (認可コード)フローを作成してます。

ここでのPlantUMLでは、処理の流れをグルーピングするため、「group xxxx」を用いたり、
付加的な情報つける「note right/left: xxxx」を利用しています。

f:id:asial_takuya:20190311115757p:plain

@startuml OAuth2.0

hide footbox

participant ユーザー
participant App
participant 認可サーバー
participant リソースサーバー

ユーザー -> App: 認証開始

group 認可リクエスト
  ユーザー <-- App: 認可サーバーへのリダイレクト
  ユーザー -> 認可サーバー: 認可サーバーへのリダイレクト
  note right: 認可エンドポイントへ

  App <-- 認可サーバー: 認可画面を返す
  ユーザー <-- App : 認可画面を表示する
  ユーザー -> 認可サーバー: 認可リクエストを承認する
  App <-- 認可サーバー: 認可コードを発行
end

group アクセストークン要求
  App -> 認可サーバー: 認可コードを提示
  note right: トークンエンドポイントへ

  App <-- 認可サーバー: アクセストークンを発行する
end 

group リソースへのアクセス
  App -> リソースサーバー: アクセストークンを提示してリソースを要求
  App <-- リソースサーバー: レスポンス
end 

@enduml

PlantUMLのプレビュー速度を上げる

PlantUMLのプレビューは、デフォルトではローカルレンダリングとなっています。
この設定を変更することでプレビューの速度を改善することができます。
変更には次の2つの方法があります。

  • PlantUMLのレンダーを「PlantUML Server」に変更する
    VSCodeの設定画面でPlantuml:Renderの設定を「PlantUML Server」に変更します。
    このとき、サーバーは「https://www.plantuml.com/plantuml」 を利用するようになります。
    f:id:asial_takuya:20190310220005p:plain

  • ローカルにサーバーを立てる
    上の方法では、公開サーバーでレンダリング処理が行われるため、ローカルでやりたい場合は、 自前でレンダリングサーバーをたてます。
    Dockerを利用することで簡単にレンダリングサーバーをたてることができます。 下のコマンドを実行後、「Plantuml: Server」の指定をします。 f:id:asial_takuya:20190310215912p:plain

docker pull plantuml/plantuml-server:jetty
docker run -d -p 8080:8080 plantuml/plantuml-server:jetty

Github上でPlantUMLを表示させる

PlantUMLはテキストベースなのでGitHub上で管理できるのですが、そのままでは記述した内容は、テキストとして表示されます。

そこで、GitHub上でもダイアグラムとして表示させたいときは、 次のChrome拡張機能をインストールです。

chrome.google.com

この拡張機能では、PlantUMLの内容を次のようにコードブロック内に記述すると、ダイアグラムを表示してくれます。

 ```uml
  @startuml 同期メッセージ
  hide footbox
  participant アリス
  participant ボブ

  アリス -> ボブ : メッセージ
  アリス <-- ボブ : 戻りメッセージ

  @enduml
 ```

f:id:asial_takuya:20190310213815p:plain