アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

Hello nodejs + express



こんにちは、増田です。
今日はnodejsとexpressでハローワールドアプリを作ってみようと思います。

それでは早速、nodejsとnpmをインストールしましょう。
MacPorts


sudo port install nodejs
sudo port install npm

Homebrew


brew install node
brew install npm

npmとはNode Package Managerです。
nodejsのパッケージをインストールしたり、アップデートしたりを簡単に行えるようにしてくれるツールです。

インストールしたらプロジェクト用のディレクトリに移動して、
"package.json"というファイルを以下の内容で作成しましょう。


~/sample $ vim package.json
<br>
{
  "name": "sample",
  "description": "nodejs sample app",
  "version": "0.0.1",
  "dependencies": {
    "express": "*"
  }
}

アプリケーションの名前と概要とバージョン、そしてアプリケーションがちゃんと動くために必要なモジュールとそのバージョンが記述されています。
ここでは"express"の最新バージョン("*"で指定)とします。

ここで・・・


~/sample $ npm install

・・・すると、npmがpackage.jsonの"dependecies"の中にあるパッケージを持ってきてくれます。ズラズラとパッケージがインストールされたところで、現在の状況を確認してみます。


~/sample $ ls
node_modules package.json

node_modulesの中にはpackage.jsonで指定したexpressが入っているかと思います。

では次に、server.jsという名前のファイルを以下の内容で記述します。


var http = require('http'),
    express = require('express'),
    app = express();

app.get('/', function(req, res) {
  res.send('hello nodejs and express!');
});

var port = 8080;
http.createServer(app).listen(port, function() {
  console.log('Express server listening on port ' + port);
});

ここでは、必要なモジュールをrequireし、GETによる"/"へのアクセスに対する処理、最後にポート8080番へのリクエストを受け付ける処理を記述しています。

ここまでできたら、server.jsを実行しましょう!


~/sample $ node server.js
Express server listening on port 8080

エラーがないことを確認したら、ブラウザでlocalhost:8080/にアクセスしてみましょう。

無事に表示されました!

次回は(?)このアプリをもとにMVCパラダイムを構築します。
お楽しみに!