アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

打ち合わせで「聞いておくべき」Webデザインをスムーズに進める3つの質問

こんにちは、猫好きになってきた高橋です。

いきなりタイトル破壊ですが、本当は自分がいつも聞いてるなーという質問から大事なものを3つピックアップしただけです。


アジェンダ



  1. コンセプトを聞く

  2. イメージを聞く

  3. 参考サイトを聞く




1. 「サイトを一言で表せば何でしょうか?」とザックリなコンセプトを聞く




基本思想を共有していないと「なんか違う・・・」と後で面倒な事態になるかもしれません。

コンセプトを知ることは、サイトの全体像を把握することに繋がります。するとトーン(印象)も分かってきますし、後の質問でも的を絞れるので効率も良いです。

わずかな時間で聞き出せる効果的なポイントです。クライアントに時間がない場合でも優先して聞いた方が良いでしょう。

ちなみに、私が最近頂いたコンセプトは
「セクシーアイテム大集合」です。

このメッセージだけでもイメージが湧いてきませんか? デッヘヘヘ



2. 「シャープかソフトか」「丸い感じか角ばった感じか」とイメージを明確にする質問をする




完璧なイメージを淡々と伝えてくれるクライアントに私は出会ったことがありません。ほとんどは50%くらいは決まってて、後はまだという状態だと思います。その内に情報を聞きだしても価値のある情報かどうかは怪しいです。そこでor形式の質問を使います。

私は似たような質問を繰り返したりします。クライアントが考え答えることで、クライアント自身により鮮明なイメージを持ってもらいます。質問内容は他にも「静かor賑やか」「穏やかor激しい」「シックorポップ」等たくさんあるので便利です。

ヒアリングした情報もマトリクスで整理すれば良いデータになると思います。



3. 「このホームページがいいなぁーとかありますか?」と参考サイトを聞く




クライアントが協力してくれるなら、ぜひ教えてもらいましょう。激アツです。

ホームページ制作に慣れているクライアントは初めから準備してくれているので、こちらから「これは素敵なサイトですね!全体的に淡いブルーですが、このようなイメージが気に入られたのでしょうか?」「先ほど仰った静粛なイメージと重なりますねー!」等と、その場でクライアントの拘りや趣向を探っていきましょう!

参考サイトを複数教えてくれた場合は、後で共通部分などしっかり分析しましょう。

もちろんパクリは禁止です!



以上です。猫って愛らしいですね。

ではなく、制作の近道はやはりWebデザインをするWebデザイナー本人が、直接クライアントに聞く事だと考えています。たった3つだけのニッチな内容ですが、打ち合わせの経験が少ないデザイナーさんの参考になればいいな、と思います。

他にも「自分はこういうやり方してますよー」っていう意見があれば共有しましょう。