Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

Monacaサービス連携機能にAmazon Mobile Analyticsが追加されました

カテゴリ :
Monaca
タグ :
Monaca
aws
Amazon Mobile Analytics
JavaScript
アナリティクス
こんにちは、生形です。

Monacaのサービス連携機能に、新しくAmazon Mobile Analyticsが加わりました!
Amazon Mobile Analyticsは、アプリの利用状況を調べることができる高機能な分析ツールです。

それでは早速、Amazon Mobile Analyticsの使い方を見ていきましょう。

Amazon Mobile Analytics側の設定



Amazon Mobile Analyticsを利用するためにはAWSのアカウントが必要になります。
アカウントをお持ちでない方は、まずAmazon Mobile Analyticsを開いて、「サインアップ」ボタンからアカウントを作成して下さい。
アカウントの作成にはクレジットカード情報が必要となりますが、毎月1億回までのデータ収集は無料で行うことができます。



サインアップが完了したら、「Sign In to the Console」をクリックします。



AWSのサービス一覧が表示されますので、「Mobile Analytics」を選択します。



「Get Started」をクリックします。



アプリの名前を入力して、「Create App」をクリックします。



次に、アプリからAmazon Mobile Analyticsにアクセスするための権限作成画面が表示されます。
特に何も変更せずに「許可」をクリックします。



これで、Amazon Mobile Analyticsの設定は完了です。
最後にサンプルコードが表示されますので、「JavaScript」タブを開き、
「2. Initialize the Mobile Analytics Manager」以下に記述されているソースコードをコピーしておきます。





Monaca側の設定



Monaca IDEの「設定」メニューから「外部サービス連携」を選択します。



Amazon Mobile Analyticsの「詳細」ボタン>「セットアップ」ボタンの順に選択してください。



セットアップが完了したら、Monaca IDEの「設定」メニュー>「JS/CSSコンポーネントの追加と削除」を選択します。
JSコンポーネントが2件追加されているので、まず「aws-sdk-mobile-analytics」の「設定」ボタンをクリックします。
「aws-sdk-mobile-analytics.min.js」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。



次に「aws-sdk-js」の「設定」ボタンをクリックし、「aws-sdk.min.js」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。



※このとき、必ず両方とも圧縮版のファイル(ファイル名にminがついている方)を選択して下さい。
※現在、非圧縮版には既知の問題があり、プロジェクトに組み込むとエラーが発生してしまいます。

2015/9/2 追記
上記の不具合は修正されました。
現在は、圧縮版、非圧縮版のどちらでも正常に動作します。


これで、Amazon Mobile Analyticsを利用するためのライブラリがインストールされました。

最後に、index.htmlの<script>タグ内に先ほどコピーしたソースコードを貼り付けて下さい。
オプションの指定を削った、最少構成のソースコードは以下の通りです。
(IdentityPoolIdとappIdの値は人それぞれ異なります)

  1. AWS.config.region = 'us-east-1';
  2. AWS.config.credentials = new AWS.CognitoIdentityCredentials({
  3.     IdentityPoolId: 'xxxxxxxx'
  4. });
  5.         
  6. var options = {
  7.     appId : 'xxxxxxxx'
  8. };
  9. var mobileAnalyticsClient = new AMA.Manager(options);

これで完成です!Monacaデバッガーでアプリを実行してみましょう。
アプリが実行されてから、Amazon Mobile Analyticsに反映されるまでには一時間程度かかります。
時間を置いてから、Amazon Mobile Analyticsの管理画面を開いてみてください。
先ほどサンプルコードが表示されていた画面上部の「Dashboard」を選択すると、
アプリ利用状況が以下のようにグラフで表示されます。



このように、新規ユーザーやリピートユーザー、ユーザー定着率などが可視化されます。
このデータを上手に活用して、皆さんのアプリの満足度向上・ユーザ獲得・収益増加などに役立て下さい。

Amazon Mobile AnalyticsはMonacaのBasicユーザーの方でもお使い頂けますので、ぜひ一度試してみて下さい!