Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

Monacaデバッガーのカスタムビルド版を使ってみよう

カテゴリ :
Monaca
タグ :
デバッグ
iOS

Monacaアプリをデバッグする際には3つの方法があります。



  1. Monaca IDE上のプレビューを使う
  2. Monacaデバッガー(App Store/Google Playからダウンロード)を使う
  3. アプリをデバッグビルドする
  4. Monacaデバッガーのカスタムビルド版を使う


プレビューは簡易的に表示や機能を試せますが、スマートフォンならではの機能は利用できません。Monacaデバッガーは動作の確認はできますが、幾つかの制限があります。



  1. あらかじめMonacaデバッガーに組み込まれたCordovaプラグインしか使えません
  2. USBデバッグに対応していません
  3. Monacaデバッガー経由でのアプリインストール機能、ネットワークインストールに対応していません


アプリをデバッグビルドすることもできますが、コードを編集するたびにアプリをインストールし直すのは手間がかかります。そこで今回はMonacaデバッガーのカスタムビルド版を紹介します。



Monacaデバッガーカスタムビルド版の特徴



  1. 自作プラグインをはじめすべてのCordovaプラグインが使えます
  2. ネットワークインストール対応
  3. Chromeを使ったデバッグに対応
  4. Monaca IDE上でビルド


カスタムビルド版の作成方法



まずはMonaca IDEを使ってプロジェクトを開きます。




環境一覧

環境一覧



アプリとしてビルドしますので、設定メニューからビルド設定を行います。




設定メニュー

設定メニュー



開発者証明書などをアップロードしてください。




iOSビルド設定画面

iOSビルド設定画面



そしてデバッガーメニューからiOS向けデバッガーのインストールを選択します。Androidの場合はAndroid向けデバッガーのインストールを選択してください。




デバッガーのインストール

デバッガーのインストール



今回はビルドしてインストールの方を選択します。




ビルドウィンドウ

ビルドウィンドウ



ビルドする際にはプロビジョニングプロファイルが必要です。iOS Dev Centerであらかじめ作成しておいてください(iOSの場合)。




プロビジョニングプロファイルの指定

プロビジョニングプロファイルの指定



ビルドが終わったらダウンロードして、iTunesなどを使ってインストールします。




ビルド完了

ビルド完了






Monacaデバッガーのカスタムビルド版は見た目はMonacaデバッガーと変わりません。ただし任意のMonacaプラグインが使えることと、LocalKitを使っている時にGoogle Chromeを使ったデバッグがサポートされます。使い慣れたDevToolsを使えばMonacaアプリ開発が格段にスムーズになるはずです。



任意のCordovaプラグインが使えるのはGoldプラン以上ですが、これによってMonacaアプリの可能性が格段にあがります。ぜひお試しください!