Asial Blog

Recruit! Asialで一緒に働きませんか?

MonacaのCordova 5対応に関する注意点

カテゴリ :
Monaca
タグ :
HTML5
Monaca
JavaScript
MonacaがCordova 5.2に対応いたします!
Cordova 5.2を利用することで、下記のような多くのメリットを提供いたします。

より安定してよりセキュア、より多くの人々にアプリを届けることができる、最新のCordovaバージョンが使えるようになります。
プラグインの導入及びバージョンの選択が、開発している皆さま自身で選択できるようになります。また、プラグインの選択によって最新のCrosswalkをご利用いただけるようになります。既存のプロジェクトの変換方法や影響のある変更点などについてまとめておりますので、ご確認頂きますようお願いいたします。

プロジェクトのアップデート方法



既存プロジェクトをCordova 5.2にアップデートするには、Cordovaプラグインの管理画面より「5.2.0」を選択してください。



Cordova 5.2への対応方針



  • ・今後、新しく作成されるプロジェクトはCordova 5.2となります。
  • ・既存のプロジェクトについては、手動でCordova 5.2にアップデートしてください。その際に、自動的にバックアップが作成されます。
  • ・Cordova 5.2のプロジェクトをダウングレードすることはできません。


なお、Cordova 5に対応したデバッガーはバージョン5.0となります。デバッガーが搭載するCordovaバージョンとプロジェクトのバージョンが異なる場合、正しくアプリケーションが動作しない可能性があります。既存のプロジェクトをデバッグする場合はカスタムデバッガーをご利用ください。

新しく追加されるCordovaプラグイン



下記の2つのプラグインが、Monacaコアプラグインとして追加されます。

  • ・Whitelistプラグイン: アプリケーションのセキュリティ設定を拡張します。このプラグインを取り除くことはできません。Androidプラットフォームに適用されます。
  • ・Crosswalkプラグイン: AndroidでCrosswalkエンジンを使用するために使用します。


その他のCordovaプラグインの変更点



  • ・すべてのMonacaコアプラグインは新しいバージョンに更新されます。
  • ・Monacaエンタープライズプラグインについては、近日中の対応予定となります。
  • ・Monaca BluetoothプラグインがCoreプラグインより除外されます。


Androidプラットフォームの変更点



  • ・Cordova 5アプリのデバッグでは、Monacaデバッガーのバージョン5.0を使用してください。
  • ・Android版のMonacaデバッガーと、ハイパフォーマンス版(Crosswalk)Monacaデバッガーが統合されます。そのため、Crosswalkを使用したアプリについても、通常のMonacaデバッガーをご利用ください。プロジェクト設定により、デバッガーは自動的にWebViewを切り替えます。
  • ・Crosswalkのバージョンが13.42.319.11から14.43.343.25に更新されます。プラグイン設定でCrosswalkのバージョンを個別に指定することもできます(上位プランが必要です)。
  • ・Cordova 5アプリはAndroid 4.0以降をサポートします。
  • ・Cordova Androidプラットフォームが3.6.3から4.1.1にアップデートされ、APIレベルは22となります。
  • ・config.xmlのAppBackgroundColor設定は廃止されます。
  • ・デバッガーで外部アクセスURLの制限は行われません。


また、Whitelistプラグインが有効になった関係で、アプリにて「Content-Security-Policyのmetaタグが無い」旨のエラーが出力される場合があります。 この場合、以下のmetaタグを記述することでエラーを抑制できます。

  1. <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src *; style-src * 'unsafe-inline'; script-src * 'unsafe-inline' 'unsafe-eval'">

iOSプラットフォームの変更点



  • ・Cordova iOSプラットフォームが3.7.0から3.9.1にアップデートされます。
  • ・Cordova 5アプリはiOS 8.0以降をサポートします。
  • ・Xcodeバージョンが6.2から6.4にアップデートされます。


WebViewの変更と、Crosswalkバージョンの指定方法



Cordova 5.2より、CrosswalkはCordovaプラグインの一つとして提供されるため、Crosswalkを用いたWebViewの組み込み方法が変更となります。下記の通り、Cordovaプラグインの管理画面より、プロジェクトへの追加をお願いいたします。

1. Crosswalkエンジンをプロジェクトに追加します。



2. 「Crosswalk WebView Engine」の設定を開きます。



3. プラグインとCrosswalkのバージョンを選択できます。



ただし、プラグインバージョンとCrosswalkバージョンの組み合わせによってはビルドに失敗したり、動作が不安定になる可能性があります。また、バージョン指定機能は有料ユーザー限定の機能となりますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら



本件についてのお問い合わせにつきましては、こちらのフォームよりお願いいたします。みなさまの開発のお役立てできることを期待しています。