アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

私的・Macに移行したらすぐインストールする11のアプリケーション

こんにちは、熊谷です。

長い間Windowsマシンをメインに使ってきた私ですが、このたびMacにSwitchしました。去年の6月頃にVAIO type TZを購入したばかりなのですが、先月発表され先頃発売が始まったMacBook Airに惹かれて購入してしまいました。

そんなことで、Windows上であればこんなアプリケーションやあんなアプリケーションをインストールするという決まりみたいなものが私の中には出来上がっているわけなんですが、SwitchしたばかりのMacというかOS Xではまだありません。ということで、これからのためにも、今回は私的OS Xにインストールする11のアプリケーションをあげたいと思います。

1. Xcode Tools
まずはこのXcode Toolsですが、これはMacPortsを使う上で必須なので欠かせません!それにOS Xの開発環境ということなので開発をする上でインストールしておいても損はないかなと。

2. MacPorts
次にこのMacPorts、これはOS Xで利用可能なパッケージ管理システムで、対応しているUNIXのソフトをインストールすることができます。これがあればOS XUNIXとしていい感じに使うことができるので、欠かせません。

ごくごく基本的なコマンドは、

sudo port install パッケージ名
sudo port search 検索する語句
sudo port uninstall パッケージ名

こんな感じです。Leopardの場合はOS標準としてApache 2.2.6やPHP 5.2.4が既にインストールされているわけなんですが、私はパッケージで管理したいとかその他もろもろの関係でMacPortsのものをインストールしています。

3. Quicksilver



Macの場合基本はマウスを使用して操作するものだとばかり思っていたのですが、これを使うとキーボードでアプリケーションの起動やら操作ができるのでとても便利です。

4. Growl



対応しているアプリケーションから通知されるメッセージをポップアップしてくれるソフトです。利用価値が特別あるわけではないのですが、Firefoxにてファイルのダウンロードが完了したときや、Macに機器が接続されたとき、LimeChatで呼ばれたときなどメッセージをポップアップしてくれます。

5. KeyRemap4MacBook



その名の通りキーマップを変更してくれるソフトです。私の場合は「かな」キーを「かな」「英数」のトグルで使えるように変更しています。「かな」キーで日本語入力のオンオフをするためです。

6. iTerm



ターミナルソフトです。LeopardのTerminal.appもそれはそれで機能もしっかりいているし使えるものなんですが、見た目重視の私にとってはターミナル上で256colorが使えないというのが一番いたいです。そんなこともありこのiTermを使用しています。このターミナル上でscreenを使ってvimで開発、やはりこのスタイルが落ち着きます。

7. MacFUSE / MacFusion



OS X用のユーザスペースで動作するファイルシステムです。sshの場合はscpやらでファイルを転送してもいいんですが、GUIというかFinder上で普通にファイルを操作したいときなど、これを使うとsshで接続できるサーバのディレクトリをマウントできるので便利便利!

8. Firefox



Safariもあるわけなんですが、やはり使い慣れたブラウザがいいのでFirefoxをインストールしてます。

9. Mail.appのプラグイン



縦三分割してくれるWideMailと自動折り返しを無効にしてくれるStopFoldを入れています。

10. LimeChat for OSX

Windowsで有名なIRCクライアントのOS X版です。IRCはなくてはならないコミュニケーションツールの一つなのでそのクライアントソフトは必須、やはり使い慣れたソフトがいいですよね!

11. VMware Fusion

最後に、VMware Fusionです。Windowsが使えなくても今のところ不便は感じないのですが、今まで使っていた資産を生かすために一応。しかし、これを使うとAirのディスプレイではOSX、外部ディスプレイではWindowsということができたり、Spacesで別の画面に切り替えるとWindowsということができるので、すごい便利です。

ということで、以上が私的OS Xにインストールする11のアプリケーションです。大雑把に11個書いたわけですが、MacPortsでインストールしているものが結構あるので、次回はこれを紹介できたらいいなと思います。