アシアルブログ

アシアルの中の人が技術と想いのたけをつづるブログです

ratproxyとSelenium IDEを組み合わせたWebアプリケーションテスト

今回は、統合テストなどで利用できる便利ツール「Selenium IDE」と「ratproxy」を組み合わせてのテスト方法を紹介します。

どちらも良く使われるツールなので、既に取りれている方もいるとは思いますが、両ツールを組み合わせることでより効率的にテストを行えるのではないでしょうか。

さっそくテスト方法について書いていきたいと思います。

1.ratproxyをインストール

以前、本ブログでも紹介されていましたが、Googleのセキュリティツール「ratproxy」をインストールします。
※参考:フリーで使えるセキュリティスキャナ・ツールまとめ

ダウンロードはこちらのページから行えます。

2.Selenium IDEをインストール

FireFoxのアドオンである、Webアプリケーションテストの自動化ツール「Selenium IDE」をインストールします。

Selenium IDEは、こちらのページから取得できます。

3.テスト用のデータ作成

Selenium IDEを使用してテスト用のデータを作っていきます。

Selenium IDEを起動します。起動した時点で記録状態となっているので、テストシナリオに沿って操作します。


一通りテストが完了したら、停止ボタンをクリックします。


テストケースを保存します。


4.ratproxyのプロキシ設定、起動

ブラウザのプロキシをratproxy用に設定します。


ratproxyを起動します。



./ratproxy -w hoge.log -r -lfscmXC  &


5.Selenium IDE実行

Selenium IDEを起動し、3.で作成したテストーデータを読み込み開始ボタンをクリックします。



6.ratproxyの結果確認

Selenium IDE実行後、ratproxyでの結果をHTML化し、ブラウザで表示します。



./ratproxy-report.sh hoge.log > hoge.html




使用方法はすごく基本的なところばかりですが、自動テストしながらセキュリティチェックまで行えてとても便利だと思います。
ぜひ、お試しください。